2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

博士を追え。(無許可です)

  • 最新情報

ツイート≒ボヤキ

  • いつ言ったかなぁ・・・。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月 9日 (日)

JAEIC発表の課題の「あり」と「なし」。

個人的な感想とか思いですけども、と前置きしつつ・・・。

-----------------------

■『要求図書』の「あり」と「なし」

・「2階梁伏図」が「なし」で、「基準階平面図」が「あり」

・「断面図」に(基礎免震部分を含む)という記載が「あり」

■(注)の「あり」と「なし」

・「構造種別、架構形式等に応じて必要となる構造要素」が「なし」

・「柱、梁等の断面寸法」が「なし」

■『梁伏のない基準階』の課題という目線で過去問を探す

→平成18年と平成20年

■解答用紙1がどうなるのか予想

→「構造要素の凡例」と「構造部材表」の表がなくなる?

(「面積表」はあるんだろう。書いてあるから。)

→グレーの網掛けの「採点欄」のマス目の数が変わるか、または

採点の項目が変わるんじゃないのか?って気はしてきます。

そもそも50個の採点項目がどうなのかはわからんわけですけども。

→18年よりも20年風なレイアウトになるのかなぁ、みたいな気が

してきます。コミュセン系にけっこうA2用紙いっぱいいっぱい

に大きな平面図3面、みたいな。で、断面は地下なしで7階。

■解答用紙2がどうなるのか予想

→25年、26年と続いている(図等により補足してもよい。)の欄が

素直に継承されて、免震のクリアランス部分で工夫したこと、

とか特に配慮したことを書け、って出そうな気がします。

残念ながら今年受験できないわけですが、これはけっこう対策が

しやすいんじゃないか、みたいな気がします。

「構造ネタ≒経済性」

これを考慮しない課題はありえないわけで。

構造のしばりがないからスパン42m×28mを無柱で計画しました。

そのために「ザハ」っぽい構造を採用しました。

みたいにはなるはずないんで、「スパン割・架構形式」は計画の要点で

はちょこっとだけ書いてもらいます、みたいな感じか。

-----------------------

■『用途』で似ている課題

→平成11年

→平成23年

まだよく調べてないんで、詳細は各自で(爆)

各資格学校や、ura410物語で掘り下げられていくと思います。

そしていまやもっとも受験の本質を攻め続ける「satoメモ」は必読。

で、あとひとつ、やはり、俺的に「ここは見とけ」はやはり「ここ」

先輩一級建築士で、且つ、「この分野」に精通してる方。

動線計画ってそれぞれの目的によって異なるんですよね。

目的によっては混ざらないように、目的によっては混ざらなきゃいけ

ないこともあります。完全に分離が必要なケースばかりじゃありません。

(すみません、引用させていただきました。)

今年の課題は掘り下げ過ぎ要注意な課題なのかもしれません。

-----------------------

■最近、熱中症で亡くなられる高齢者のニュースを耳にします。

→あくまでも南面がいいのか?

→久々に「方位」がふられてくるんじゃないのか?とか想像します。

→その他は非常にクセのない、初受験生でも解答しやすい課題じゃない

のか、みたいな。過去問みてると思うし、まわりの受験生の方々も

異口同音なのが、「課題自体は簡単になってきてる」のかと。

何年か前以前の過去問は難しくて、ぶっちゃけ俺には解けない。

「キーワード」は「学科試験」なのかな、って最近よく思います。

学科試験の過去問で出てきた知識。それを文章と図面で書いてみて下さい

ってのが、JAEICさんの意図なのかな、みたいな気がしてます。

-----------------------

以上を考慮した課題文をそのうち作ってダウンロードできるようにします。

時間ができたら。いや、当分ムリか?

時間は作りだすものか。残念ながら商業施設の改修工事ではかなり

難しいヨ、と。

いまさらですが、受験できなくなってみて、製図試験受けられる、って

ことは非常に幸せなことだったんだなぁ、と。ハァー。

Jaeic

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »