2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

博士を追え。(無許可です)

  • 最新情報

ツイート≒ボヤキ

  • いつ言ったかなぁ・・・。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

トイレの言葉

松岡修造カレンダーを便所の壁に掲げようかとも

思ったが、スペースがない。

長男が通ってた学習塾で配られたものらしいカレンダーが

自宅便所の壁にあります。

(日付がないからカレンダーではないか)

Photo

ときどきめくってるのは嫁らしい。

ときどきグサリとくる言葉にお目にかかる。

そろそろいろんな情報に振り回されはじめる時期か。

やっぱり過去問、ってことなんでしょう。

数字でも証明されてるわけだし。

爽やかに朝風呂に入って、有志の会場試験なウラ模試に

行ってまいります。

解く前からナニだが、点数は・・・覚悟してます。

その後にへし折れることなくガンバルよ、と。

2015年5月26日 (火)

現場事務所撤収。

長ったなー。

部長殿からの突然の電話から半年。

1ヶ月くらいの応援なんだろ、って思ってたらまさかの半年。

現場の竣工までいるとは。なかなかに思い出深い現場になった。

正直かなりキツかった。

精神的に。

おっと、あんまり書くとな、コンプライアンス・・・。【爆】

---------------------------

日曜のN建模試。

12/12/17/16/17 ・・・74/125

この時期はこんなもんで十分だろ、と体内時計は言っている。

ここから急上昇して7月には無事に通過してみせる。気合だ。

平均は65.9点ってことらしい。

俺が受けた教室はだいたい40名前後くらいの受験者数。

緑の法令集は俺1人だけみたいだった。みんなオレンジ。

ほとんどが「通学生」で、「一般受験」は非常に少なかったって

ことなんだろう。

「このままいったら、この教室で受験した中で合格できるのは

2名!90点超は2名だけです!」って、ゲキを飛ばしていたが。

(一般受験生もいるんだから勘弁して欲しかったが・・・。)

24年は会場模試は未受験。思えば会場模試そのものが初。

いい経験になりました。忘れ物が多かった。

タオル、シャープペンの替芯、時刻表の前日確認、エアコンの

効きすぎ対策の上着。鼻水たれまくりだった。

法規は時間の使い方がまだまだ。

---------------------------

例の「分析表」に、出題範囲、得点・失点を入力して残された時間

の使い方の作戦を練ります。

まだまだここからが勝負。

2015年5月21日 (木)

講習会。有意義でした。

復習をさっぱりできてないんだが。

2日めの講習会後に、サシで、講師のゴマさんと亀戸ホルモンへ。

(ごちそうになってしまいました。スイマセン。)

元気をいただきました!

「ゴマドリル」はダウンロード制にしたとのことでした。

そして、残りの講習会の内容は、例年とは一味も二味も違うゾ、と。

内容に期待です。

施工には学習時間を割く気はないので、音声と、この講習会が頼り

かな、と。

講習会での「まだ間に合う。」の言葉を刻み込んで粘ります。

気合!

-----------------------

建築作品をまとめるのがブームなのか。

俺も「著書」シリーズ、「作品」シリーズのまとめにここんとこ時間を

割いていました。それも昨日で一段落。

法規・構造に注力です。

まだまだここからが「試される時期」なんだと思います。

諦めないこと。それが何よりも大切なこと。

絶対に今年で決めたる。

気合!

2015年5月14日 (木)

建築検査・消防検査 終了。

埼玉県某所の現場の検査が無事に終了。

めでたし、めでたし。

残るは少しの追加工事、片付け、書類の残り、竣工式典、(打ち上げ)。

次なる現場も気になるが、平和な時間が訪れそう。

規則正しい生活のリズムを作っていきたいな、と。

残りの時間もいよいよって感じになってきたので、やれる

ことを見極めつつ、学科で燃え尽きることなく、製図まで

が試験なんだ、で今回は臨みたい。

改めて、気合!

【追記】

俺も健康診断。

バリウムだ。今年もストロベリー味か。イヤだなー。

2015年5月 9日 (土)

ひたすらPCとにらめっこしてます。

当然ながらの合格物語の画面を凝視。

悲しいカド落ちからの学科の勉強なわけです。

学科試験と製図試験は、当然違う。

かたやマークシートをシャープペンで塗りつぶす。

かたやA2の紙に図面を書き、A3の紙に文章を書く。

(図を書いて説明してもいい、ってのが最近流行ってるが)

違うんだけど、「学科の延長上に製図がある」っていうのを

今回は非常に強く感じてます。ここで勉強したことを、図面

で書いてみろ、文章で書いてみろ、っていう内容の試験、

みたいな感じが非常にしてます。

(施工の知識だけは製図ではほとんど試されないわけだが)

計画、環境・設備、法規、構造、・・・。

過去問の内容は、思いっきり「製図ネタ」の宝庫なわけだ。

■これは、構造のKYネタに使える。

■これは、外構の作図ネタ。これは吹抜け空間の空調に、

 この設備を選択する理由、工夫したこと、になるよなぁ。

■コアをこの位置にした言い訳は、いや、工夫したこと、

 理由は、この過去問の内容は使えるなぁ、・・・みたいな。

そう思えるとちょっと身が入るような。

製図に行きたいなぁ。

いや、行かねば、学科はただの通過点。

やらねばならん。遅れてるけど。

文字通りの「ゴールデン」な休みにするべく、まだまだやったる。

【近況】

いや、俺のじゃなく、長男。

公立中学に進学し、ピカピカの1年生。

何部に入るのかと思っていたら・・・。

何と、いつの間にやら・・・。ギターマンドリン部、だとか。

03

10ウン万円もするらしいアルトギター。

両親の遺伝子に「音楽」の「オ」の字もないから以外でした。

興味のあること、好きなことを存分にやってもらいたいもんです。

【追記】やっと、チン毛がはえたらしい。

まわりから遅れていたらしく、たいそう自慢気だ。

俺も勉強遅れてるが、この休みですぐに追いついたる。

気合だ!

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »