2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

博士を追え。(無許可です)

  • 最新情報

ツイート≒ボヤキ

  • いつ言ったかなぁ・・・。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

ウラ模試。会場受験しました。

「特産物販売所」を「海産物販売所」している大バカモノ発見。

はぁ・・・・・。
模試で良かった、って思うことにします。
まだまだ前途多難です。
諦めてません!!
(他にもやってしまってます。)

2014年9月21日 (日)

JAEICが課題文に入れなくてはならないこと。

って、また偉そうに。

「登録・案内要綱」。いまの時期にまた思い出して読み返す・・・。

これが「道の駅」の最低条件のはずなわけで。

・休憩目的の利用者が無料で利用できる十分な容量の駐車場と清潔な便所。
→便器数が概ね10器以上
・主要な経路のバリアフリー化。
→駐車場と便所間を結ぶ主要な歩行路
案内所又は案内コーナー
→駐車場から徒歩で2~3分以内

・駐車場・便所・電話は24時間利用可能(外アプ。時間別ゾーニング。決まりだろ。)
・案内・サービス施設には、原則として案内員を配置
→→道路情報・近隣の「道の駅」情報
→→近隣地域まで含めた観光情報
→→緊急医療情報
→→その他利用者の利便に供する情報

・<配慮事項>様々な人の使いやすさに配慮
・景観に十分配慮(これは勾配屋根だろ。単純かもしれんが。)

ウラ指導の通信添削受けてるヤツ、気づいたか?

案内カウンターを設ける」が第5ではただの「カウンターを設ける」。

「深読みし過ぎ」か。

今年の「主文」のネタ元は、絶対にここ(登録・案内要綱)からだ、と、思うのは俺だけか?

【追記】

「エントランスホール」の特記事項に「スタンプ台を設ける」が、必ず出る、と思ってるのも

俺だけか。・・・これは実例見学ネタだけどナ。

【おっと追記の追記なわけだが】

「便所及び倉庫、公衆電話を設ける」とか、一番下にさりげなく書かれてるかもだよな。

もう予想はいいから勉強しろ。

「塔屋を除く建築物の高さ」

Dscf2931_2

俺の現場事務所の目の前で他業者が工事中の某飲食店の店舗。

飛行機は塔屋ではないし。

やっぱりここが「建築物の高さ」か。

某国から輸入した本物の飛行機らしい。

なんと、・・・どこからともなく飛んできて、一発でここに着地した。

(ウソだ。レッカーで上げてた。)

【追記】

現場事務所で第5課題の設計製図、と思ったがなかなかそうはいかず。

休みたい・・・。(かなり切実)

2014年9月15日 (月)

ロビー・ラウンジ論争。

って、ほどでもないか。

昨日のP代表の興味深い一言。

「図面は貼りださなくても、それを言葉だけで説明してみて下さい。」

「それを絵にしたものが図面です。言葉で簡潔に言えますか。」

で、ニアリーな話で、ロビー、ラウンジの定義ってなんだろうか?

って、いうのが、とあるLINEで交わされていた。

過去の課題文の要求室で、カタカナが混じった室名をマーカーしてみてみた。

標準解答例の室名もマーカーしてみた。お持ちの方はやってみると、それほど

時間かからずにできる。これをじっくりながめるのは時間かかりそうだが。

なんとなく、「コーナー」「スペース」は「室」のように閉じてない。「ルーム」は閉

じてる、と思いそうだが、標準解答例では必ずしもそうなっていなかったり。

戻って、「ロビー」は、「通りぬけ可」。幅がやけに広い廊下、って解釈しても

良い、という感じだろうか??課題文で要求されていているのはH20年。

課題文で要求されていないが標準解答例に「ロビー」があるのがH15、17年。

「ラウンジ」は「くつろげる場所」(P代表談)ということだった。

「ラウンジ」は「陽だまりラウンジ、情報ラウンジ(H12)」は別格として、H14年、

H16年に課題文で要求あり。でもH14年はまだ標準解答例がない。H16年

の解答例①、②で示されている。以降出てない。おー、P代表の言葉どおり

ソファーが書かれています。

カタカナ室名で、簡潔に言葉で説明しろ、って言われても、答えられないもの

ばかりだよなぁ。毎年必ず出る「エントランスホール」をすらすら言葉で言える

人って、結構いないんじゃないのか??

おっと、仕事だ。

2014年9月13日 (土)

お前は寝ぼけてるのか?

竣工・引渡がせまってくる。

毎日毎日、キリキリする。

切羽詰まって仕事してるわけだが、平和なメールを送ってくれる寝ぼけた

ヤツがいる。

俺が家にも帰らず(製図の勉強もできず)に工程表を作ってメールを送った

のが8/8。その返信が今日だ。9/13。お前は寝ぼけてるのか?

寝ぼけたヤツ曰く、「配線工事は盤への挟み込みまでお願いします。」

総合定例で、それらの配線は「寝ぼけたヤツの工事で」という工事区分が

決まっている。売場の天井約2000㎡の天井はとっくに貼り終わり、器具も

1灯残らず取付済。床のセラミックタイルも貼り終わる。この時期に

「配線終わってますか?」(だからお前の仕事だ。証人は軽く10人は

下らない状況ですけども。いまさら何を??天井剥がして配線100mも

この俺にやれといいたいのか?お前は???)

(こういうバカに限って施主のヒモツキ業者だったりもする。)

失礼のないように、しかし、「全てお前が悪い」「やってもいいがカネがたく

さんかかる」「俺にコソコソではなく、施主経由でキチンと俺に言ってこい」

ということを、わからせてやらなければいけない。言葉を選ばなければ

いけない。これはまさしく、今日は「計画の要点」の勉強だ。

もうホントにお願い。これ以上俺の勉強の時間を奪わないでくれ。

Image_2

2014年9月12日 (金)

要求事項。

要求事項。あるよな、課題文でも。

仕事でもたくさんあるわけだ。

施主から、設計事務所から。

今の現場は新築スーパーの「C工事」。

A,B工事はかなり有名な会社がやってるわけだが、あまりにもお粗末。

施主は当社と何度も取引のある会社。その担当者の方も。

この担当さんはかなりベテランでもあるが、「決めない」、「のらりくらり」、

「言ったことを忘れて何度も同じ話をする」ことで有名。

設計事務所は、この施主の物件を設計をするのが、2物件め。

(ぶっちゃけ慣れてない。特に設備設計があまりにもヒドイ。)

で、施主の担当も、設計事務所の担当も、基本的にはやはり、下々の

サラリーマンなわけで、責任を取りたくない。人に責任をなすりつけたい。

でも現場の責任者はいろいろ問題がありつつも、それらをバランスを

保ちつつ満たして、工期内で、予定の利益を確保しつつ完成させる、と。

ここまでかなり辛抱しながら現場をやってきたが、前回の定例ではついに

爆発して施主にも設計事務所にも、はっきりとモノを申してしまった。

絶対に間違っていない自信を持って仕事をしてます。

ヘマこいたり、能力の限界もあります、人間ですから。

でも、意見されるような仕事はしていないです。

いろいろと感情も、思惑も、大きなお金もぶつかりあった一日を過ごした

んだが、「設計製図の試験」の勉強になってんじゃないのか、みたいな

気もしました。全部の要求事項をバランスをとってに満たす。

厳しいねー。これをやったら試験もウカルと信じて働くよー。

【追記】

いつかの講習会で、ウラ指導のグロさんが言ってた言葉だが、課題文で

「経済性に配慮」が出てくるのは、「構造計画」だけなんだよな。

「設備」が「適宜」って、相当に幅広い選択肢ってことか???

ここで減点って、減点するほうも相当に勇気いるんじゃないのか??

現場もこれなら相当に楽なはず。

Image_1

2014年9月10日 (水)

パターン出し。

毎回同じだろうか。

課題文によっては、違うものについて出したりしないか??

吹抜けをどこの位置にするかのパターン。

浴室をどこの位置にするかのパターン。

無柱をどこにするのかのパターン。

課題によっては「時間帯別」のパターン、とか。

「APZ」の「Z」のネタって毎回変えてもよくないか?

まだまだ不慣れ感丸出しだが、このパターン出しは、毎回「部門」で

じゃなく、柔軟に、「より支配的なニオイのネタ」で出す、でもいいん

じゃないのか、って思うんだが。そこでビビらず柔軟に、と。

Image

2014年9月 9日 (火)

invictus

学科試験突破だったみなさんおめでとうございました。

自己を律して努力を怠らなかった、苦しいときにも言い訳を

せずに踏ん張ってきたことに対して「結果」も伴った、っていう

瞬間だったことかと。でも、これからさらにヘロヘロです。

通過できなかったみなさん、残念でした、お疲れ様でした。

「次」にどういうアクションを取るのか。

「来年で一級建築士になる」のを目標にするかたは、全て自己

責任ではあると思いますが、10/12までは製図の勉強をなさった

ほうが合格に近づくことになるんだ、と、今は思います。

まずは学科を今すぐやる、って誓った人もそれはその方の判断。
結果を出せばそれは正解ってことなんでしょう。

どっちの方にも共通で送りたい言葉は

invictus  (屈服しない)

(自分に言ってるけどな。

2014年9月 5日 (金)

刺激。

仕事でへばり気味なんだが。

ネットサーフィンしてたら、Facebookで、元同期で元現場監督だったヤツ。
人間的にとても素晴らしいヤツだったんだが、何故かまるっきり
畑違いの仕事に転職。入社して7,8年めくらいだったか・・・。
現場監督続けてても素晴らしい監督さんに間違いなくなってたはずの同期
だったが、今はマッサージ屋さん。しかも3店経営するオーナーになっている。
有名なオートバイレーサーのマッサージとかもしちゃってる。
facebookの仕組みがあんまりよくわかっていない俺は、コイツに書きこんだ
つもりだったんだが、別の方のfacebookだった。
「いまだに一級建築士受けてるよー」なんて書いてしまったら。
「◯◯さん、何でも同じ、Bestコンディションで望んで下さい、夢は絶対にあきらめない、あきらめ無ければ、かないます。」
往年の名レーサー。
オートバイに乗ってる(乗ってた)同年代の人なら知ってるあの方からの
熱いメッセージ。やらなイカンよな。気合だ。
忙しいとか、多数派は・・・とか、時間配分が、とか以前に気合なんだと思う。
そんなんで、katuzoさんのブログのゴルゴ松本を見たら泣けた。
一級建築士の製図試験を受ける、ってことは、ただただそれだけで、相当に
恵まれてるって思わないとバチが当たるんだろうなぁ。
【追記】
単身赴任で食生活が最悪です。たまには肉食うか。
今日はこれで仕事やめて外食だ。肉だ!
すき家だけどな。

2014年9月 1日 (月)

ウラ指導講習会。と、そのあとと。

行ってきました講習会。

ためになりました。

P代表「今年はウラ指導始まって以来くらいに、方針を変えて指導てしますヨ!!」

G取締役「あ、可動間仕切は、1枚ずつロックしますからねー!」
  いや、それは終了後の会場後片付けのときのお言葉。
    「合格する、それを常にイメージして、そのための勉強をして下さい」

またもや深い。毎年恒例の噂とか都市伝説に引っ張られず、ブレることなく
勉強してくれ、ってことと受け取りました。

3年めにしていまだブレまくりのエスキスをそろそろ「毎回同じ」に固めたい。

-----------------------

講習会のあと。

なんくるさん主催、パンダさん、公務員2号さん、紅一点さん、スカイプ◯本さん、
が参加の勉強会も大変有意義でした。

それぞれの環境でエスキスのやり方がこうも違うのか、と思いました。
ある人はドットコム流、ある人はウラ指導、ある人は元N建、トレースエスキス。
どのようなやり方にしても、漏れ、間違いを減らそうと思うと、エスキスには時間と
手間がそれなりに必要になる、ってことなんだな、と改めて思いました。

さらなる作図時間の短縮法はないものか・・・。

Image03

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »