2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

博士を追え。(無許可です)

  • 最新情報

ツイート≒ボヤキ

  • いつ言ったかなぁ・・・。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月28日 (木)

深い。

P代表の言葉。

Image_1

でも

課題文>>>その他

だと思うんだが・・・。

2014年8月25日 (月)

2回めの自主勉強会に参加させていただきました。

歴代ウラ指導直接塾生の面々。

す、す、すげー、みたいなメンバーの方々の東京地区自主勉強会に

幸運にも参加させていただいています。

先週は第1課題、昨日は第2課題を模試形式で解きました。

夕方からはあの甲高い声の持ち主、ペンギンさんが課題の解説や

質疑応答のために来てくださいました。

昨日は会場を間違えて40分遅刻。

6時間30分の試験時間が5時間50分に・・・。

先週は2ヶ月以上ぶりに製図板に向かい、「トレースエスキス」を横に

置いて、カンニングしながら解きました。

昨日はガチで解きました。

内容はナントモという感じですが、漏れ、忘れ、間違いはともかく

この時間内に無理くり要点も作図もやり切りました。

試そうとしていた、梁伏図の蛍光ペンエスキスも取り入れました。

前回にチョンボして、「失敗しちゃったノート」にメモってたことも

少しは是正を試みました。

ラップタイムもところどころで計測しました。

エスキスの安定にはまだまだですが、「時短」に対する不安はほぼ

ない、って言えると思います。製図板に向かえなくても、エスキスを

する時間がなくても、パーツ練習できなくても、要点の記述練習でき

なくても、頭の中の回路は鍛えてきたつもり。

やってやる。

気合!

Image_1

とことん真似てやる。

2014年8月15日 (金)

第1課題を印刷してみた。

印刷しただけなんだが。
まだ解いていません。

今日も仕事だし、明日も仕事。
はぁ、職人もみんな帰ったし。

エスキスを思い出すために「幻の動画」を見てみた。
「鬼」のメンバー有志に、博士さんがトレースエスキスの解説
をしてくださった様子を録画しておいたやつです。

思い出すことあり。
あらたな発見もあり。

「覚えるぞぉー」とか、「この手順を足すぞ」とか、をあまり気に
せずに見てみた。これが俯瞰するということか。(爆)
ウラ指導式に比べると、はしょってるんじゃないか、と気になっ
てた「面積読み・階振り」。

適宜で推定不可のものは、面積は読まない、ってとこ。
机やらの数とか、利用人数とかから、おおよそ計算できる部屋
以外の適宜部屋は面積を読まないってところ。

この辺のトコは作図になると、結構同じパーツばっかりで書くとこ。
ということは、面積はほぼ決まってる。
この工程はやってもやらなくても、ほぼ毎回毎回結果は同じ。
(今年の便所は要注意な気がするが。でも便器の数で指定とか
があるのかもしれん。)

で、動画の博士さん

「自分で読んだ面積に、自分が縛られることがあります。なので
特に初受験生には「適宜読み」はすすめません。課題文で、適宜
って言ってるんだがら適宜でいいんです。自分で読んだ面積なのに
『どうしても入りきらないんです』になってしまう。」

04

※再生ボタンを押しても動きません。

「固まり(=部門)のまま動かします。支配的な条件のある部屋に
他の適宜な部屋は引っ張られて動く、と考えてください。大きく
大きく考える。」

いろいろ歴代のOB・OG諸氏で微妙に表現が違いますが、
大きく全体を俯瞰する感覚を保ちつつ、解答することが非常に
大切なことなのかなぁ、と思いはじめた3年めの夏。(暑。)

【追記】

Photo

トレースエスキス金麦バージョンは実在します。

表紙だけをイタズラしただけではないんです。
時間があるときにコツコツ中身も磨いていたんです。
2ヶ月前までは・・・。

早く思い出さなきゃならん。
ダウンロード希望の方は今だけ無料です。
予告なく有料化します。(って、ひと様が作った元ネタですので
配布はいたしません。誰もいらないだろうけど。)

2014年8月10日 (日)

やはりの甲高い声ではじまる。

俺にとって、すっかり「風物詩」なのが悲しい。

今年の製図試験のスタートを告げる恒例行事、100名講習会に

いってきました。未だに見た目とずれて聞こえる総帥の甲高い声。

毎年ほぼ同様に繰り返される内容だとは思うんですが、それだけ

試験も、毎年毎年、求めることは同じなんですよ、ということなの

でしょう。

エスキスのこまかいところは、「直近の合格者」のワザが注入され

て、微妙に進化する。

去年は「みろく式」・・・特徴はあの呪文の「チェック方法」と車マーク。

今年は「nara式」なエッセンスが注入されましたヨ、と。

G取締役(意匠のほうのご担当)の最後の言葉が、やはりの試験の

本質についてのアドバイスだったんだと思いました。資格学校など

からこれから発信されてくる情報に振り回されることなく、何を作る

んですか、「道の駅」でしょ。温浴施設だけを、循環ろ過システムだ

けを立派に作るんじゃないんでしょ。

「全体をまとめる」ということが大事です。

【やちよ】

00

00_2

避難・非常口案内図(通称:避難経路図)のほうが、「元の図面」に

近い感じです。柱の位置もわかりやすい。これから見学するときは

経路図も探すか。

「きつれがわ」もそうだったんですが、道の駅は野菜が安い。

どう見ても地元の、近所の人も買いに来ている感じ。

「駐輪場」も絶対に求められると思います。

今日は駐輪場のパーツ書きまくりだ!(長方形+斜線1本書くだけか)

2014年8月 7日 (木)

通称「Cエリア」。

無窓でもいい部屋の代表格の便所。

通称「Cエリア」

でも今年は直接アプローチの可能性大。

今年のCエリアはどの部屋だろうか。

課題文に従いますです、はい。

さて、開口の墨出しするか。

Dscf2505

あなたはまだ通勤時間に1時間45分もかけますか。

ついにレオパ生活。

→クルマで3分40秒。

 製図板持ってこよ。着替えも。

2014年8月 4日 (月)

情報端末。

千葉県内某所の道の駅。

外部(ピロティ)に大きなモニターがありました。

内部(エントランスホール)に情報端末なるものを発見しました。

Photo

※この施設は原則撮影禁止とのこと。

声掛けをしてからにしましょう。

02

01

道路状況の情報というと、この程度のものなのか・・・。

アドバイスいただいた通り、あまり気にしないで、もっと

他のことを気にしたほうが良さそうかも。

今年の課題の「部門」はどんなものが要求されてくるのか。

「部門」自由なのか・・・?????

【追記】

実は、昨日見に行こうとしていた「近所の道の駅」は、ここではなく。

数年間、道の駅だと信じていたのは、民間の企業が運営している

施設でした。その名も「房の駅」。

Photo_2

スタンプブックにのってないから変だなと思った。

何かと物知りな嫁にバカにされました。

2014年8月 2日 (土)

スタンプブック。

今日も現場は暑かった。

ヒロさんのブログで、道の駅のスタンプについて触れられていた。

どんなものなのかちょっと調べた。

スタンプを集めて景品をもらいたいわけではないんだが、どんな

情報が書かれているのか。なに、たったの300円。

現場から最寄りの道の駅を、ナビで探す。

10キロもないくらいの場所にある。

行動は早く。

着いた。

「すいません。スタンプブック売ってますか。」

「はい、どうぞ。」

Dscf2499

なんとも配色が、とってもあの本に似ているわけだが。

(これは関東版)

Dscf2501

A5サイズ。情報も最小限ですが、駐車場台数、便器の数、営業時間。

例の「要綱」で、満たすべき条件が書いてある。

非常に簡単な感じですが、プランもついてる。

プランというか、「ゾーン図」に近いのかも。

割りきって「温浴」にはこだわらないで、あと2,3箇所。

できれば試験サイズに近い施設。

できれば海の近くと、山の中の施設を見てみたいと思ってます。

あ、暑い・・・。

「熱中症温度計」を現場に用意すること、と言われて用意したが、

もうアラーム鳴りっぱなし。

現場は、千葉県内では片手にランクインの暑さ。

【追記】

配色の似ている本。

Dscf2502

ホッチキス+パイオランテープ製本で、現場の香りぷんぷん。

基準階同梱のスペシャル版「Ver.3 プレミアムエディション」です。

(ウソだからな。質問メールとか送るんじゃないぞ。)

2014年8月 1日 (金)

1階が回廊型ってありだと思わないか。

1176×2=2352(総建て)だとしてですヨ。

シンプルに階別にゾーニングを考えたとして。

1階は東西どちらかに外部から直アプ、内部からも行けるようにトイレ。

管理は非常にチョビっと。

「休憩部門」として、回廊型の真ん中は「休憩コーナー」。

そのまわりにテナント1,2,3,4が囲むように並ぶ。

うどん屋だったり、ハンバーガーだったり。

休憩コーナーは「イートイン」みたいな感じで。

そこの真ん中に吹抜けとか。

もっともっと本格的に食べたい人、風呂入る人は2階へどうぞ。

エントランスを広めにとって、誘うような配置に「情報発信」的な部門がくる、と。

2階にあがると、これまたいい位置にまた「情報発信」的な名物駅長の案内

カウンターとかがあるとか。交流の部屋があったり。

この妄想倍コマを「ウラ側」にアップしときます。

まだ書いてないけどヨ。日曜か。

トイレの前は庇付きのクルマイス使用者用駐車場で決まりだ。

今年の課題は妄想膨らみまくるよなー。

仕事しよ。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »