2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

博士を追え。(無許可です)

  • 最新情報

ツイート≒ボヤキ

  • いつ言ったかなぁ・・・。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

ひっそり訂正。

JAEIC。

たまには見るか、と。
ひっそりとわからんように直してた。
数年間違ったままだったが。
Jaeic
今年からは、「正式に」5教科だ。

偏差値20上げ。

手前味噌な話だが。
長女の英語の成績が急上昇した。
もともとあまり成績が良いほうではない。最近毎晩毎晩かなりガツガツやってんな~、とは思ってたが。
41→61。
「2カ月で41→61」はかなり凄いよなぁ。

見習います。

用事もちょこちょことあるが、GWはやらなあかん!なと。

ガラケー、実家からの投稿。いい加減スマホにしたい。

2014年4月19日 (土)

ライブ。

場所は某都内区民会館。

今日は、あの有名なプロレスラーでもある一級建築士の方の

お話を直接聞くことができました。

ウラ指導のHPのあの写真。ペンギンさんの隣のあの方。

(いや、だから、それは本物のプロレスラー藤波辰巳さん。)

02

博士さんです。

(写真チェンジです。物言いがつきましたっ・・・。)

この模様の音声は、編集後に配信されるかもしれません。

しきりと、「リモコン操作を延々と自慢するシーン」などはカットされるかも

しれません。

PDFを補足してくださっている貴重な解説もあります。

聞きたい方は、Facebookをときどき見て、見るたびに「いいね!」を押し

てください。「いいね!」があると俄然やる気が出るそうです。

「いいね」を押してください!

Twitterにもコメントをしてください。

「Twitter見ましたー」というメールを送るよりも、直接コメントを入れて

ください。

■他の人のエスキスを見ることで気づくことができることがある。

いい経験ができました。

■「自分で条件を足していってしまう人が多い」

あ、足してるな。あ、読み飛ばしてる・・・。まだまだ修行不足。

やらにゃーいかんです。「量」が足りてない。

■いろいろ、失敗しないように自分流に変えよう、という気持ちが強すぎ

で、エスキスがスラスラ流れるようにできない。一度素直に、全部このまま

やってみたほうが「いいね!」と思いました。

【追記】

くどいんですが、「いいね!」を押してください。

ここ をひらいて、「いいね!」です。

01

2014年4月15日 (火)

S■。

製図初受験は、大金を投入して、S資格に通学した。

この前、「新たな担当」ではなく、「当時の担当」さんから電話がきた。

仕事中で出られずだったが、Cメールで「後悔のない選択をして下さい」と。

で、数日後に宅配ボックスに封書が到着。

講座の案内かと思いきや、受験申し込みの書類一式。

再受験で、わざわざネットじゃなく、紙で申し込むヤツいるのか??

「当時の担当」さんではない「新たな担当」か「事務員」が名簿をもとにして、

機械的にまとめて発送してるんだろうけど。

一度は大金納めて通学してた元受講生に、これを送ってくるか?????

以前にS■は絶対許せない、ってことがあった。通うにしてもN学院、と思っ

てた。その気持ちを変えてくれた実直な「元担当」さんだったんだが。

会社(学校)の体質は全く変化なし、って感じか・・・。

「後悔しない選択」して、絶対に合格したります。

Dscf2300

「暫定版おでかけセット」。

休憩時間があればどこでもエスキス。

机があればどこでもエスキス。

学科時代を思い出して、ネチネチやるゾ、と。

しかしながら、エスキスは、まだまだ安定する気配がないんだなぁ。

2014年4月10日 (木)

受験申込だ

ハガキもオッケー、クレジットカードもオッケー。

写真は娘にデジカメで撮ってもらった。

今年はニコンで撮影だ。
ニコンで撮ったところで、白髪は減らないし、シワも減らない。
毛髪も増えることはないわけだが。
JAEICの申込ページをお気に入りに登録して、10時の時報とともに
クリックの予定だったんだが、今日、明日はメンテ工事でネットが使え
ない環境になってしもーた。
最近ますますたるんでるんで、受験申込を気分を盛り上げるいい機会
にしたいところ。

2014年4月 8日 (火)

耐震補強 K型ブレス

相変わらずの「無理やり感ありあり」な用事で日曜は実家へ

と呼ばれた。

「買い替えた電話の調子が悪いから見に来ておくれ。」

(って、電話してきてんじゃねーか!オイ!!)

で、やはりの別な用事で、実家から市川の土地まで走らされ、

屋根に登らされ、屋根の補修工事。オヤジの元作業場。

サビサビ。踏抜きそうで命がけ。

休日に「仕事以外の」仕事でケガなんぞしたら笑いもの・・・。

Photo

実家すぐ近くにある母校(小学校)の外部の写真。

校舎の外部に設けたK型ブレス。

外部にブレスを設けると、教室内の工事は基本的には無し。

室内に影響を与えずに施工ができるよ、と。

これは「ピタコラム工法」ってやつでしょうかね?

見た目がちょっとゴツイか、という感じはあるか。

01

その右側にある増築された校舎の内部に設けたK型ブレス。

内部に設ける場合は、鉄骨は現しのままで、見た目がスマートな

感じ。しかしながら、天井、壁、床の取り合い部分は解体・復旧

工事が発生する。既存G梁の梁巾に乗っかる位置に設けなきゃな

らんので、壁が梁巾からこぼれちゃう場合は、外側に壁を新設し

なきゃならんよ、と。→連層サッシを外側に新設してるようです。

02

ところ変わって、わがマンションの公開空地の桜。

Photo_2

これで容積率の緩和を受けてるのに、隣地のマンション新築工事

では、「建設反対」とか「でかすぎるから戸数を減らせ」とか、

おっしゃる住民がいらっしゃった。(お互い様ってもんです。)

再開発の波は我がマンション周辺にも迫ってきてて、新築マンション

の近隣説明会のチラシが入ってたなぁ。商業施設も、ボコボコと

できるらしい。(実は我が社も某商業施設を受注済み。コンプライ

アンス上、詳細は書きません・・・。俺は担当しませんが施工者兼

近隣住民か??)

相当に利便性アップですけども、道路が渋滞しそうです。

【追記】

トレースエスキスが、ver.2.0.0にバージョンアップ。

印刷まではしてみたが、まだ読めず。

焦らずに行こう。padさん、メールありがとうございました。

2014年4月 6日 (日)

エスキス、作図での「ポインティング」を考える。

エスキス、作図での「ポインティング」を考えてみました。

・エスキスで使う縮尺は1/400

・作図で使う縮尺は1/200

・ポインティングは1m単位でしか行わない。(稀に作図で0.5m)

 →それ以下の目盛は不要。かえって見づらい。

・1/100、1/300、1/500、1/600の縮尺は使わない。

 →三スケをくるくるまわして探す数秒間がもったいない。

 (ヘキサスケールを使えばいいんじゃない?確かに・・・。)

・1/200、1/400の縮尺のみの直定規が売ってないか調べた。

 →なさそう。

・1/200、1/400のみの直定規を作ってくれるかメーカー数社に聞いてみた。

 →「試験専用の「季節商品」は作らない。」・・・なるほど。

 →「普通の定規で練習して、立派な建築士になってください。」・・・はい。

ならば、自分で作ってみた。

Photo_3

JAEIC 『試験要領』  その他の定規の「直定規」に該当するはず。

穴があいてないから「作業性を高めるテンプレート」には該当しないはず。

目盛に施した姑息な細工がおわかりだろうか。

究極の「ポインティング時短」を目指しました。

■製作に必要なもの。

パソコン、インクジェットプリンター、CADソフト(鏡文字が扱えるソスト、

又は、JWW+外部変形「擬似線文字化」、手作りステッカーキット透明タイプ、

カッターナイフ、定規サイズにカットしたアクリル板)

作りたい方にはCADデータをお送ります。

試験官に没収されても責任は負いかねます。(自己責任です)

予告なく有料化することがあります。ご了承ください。(ネタです)

こんな暇があるなら、エスキスの練習すればいいのに、って自分でも思う。

【追記】

JAIEC

「平成26年一級建築士試験要領」を平成26年4月1日(火)に発表しました。

●「設計製図の試験」(3)試験当日の携行品 2.携行できるもの

【「設計製図の試験」において使用が認められる平行定規と型板について】

ドンピタくん。

去年は「計画の要点」が甘かった。(それだけじゃないけども)

今年は、早めの時期から覚えるか、と。

去年も音声化して聞いたりしてたが、耳からだけだと覚えが悪かった。

文章の意味を理解して、本番で○か×を判断できればいい、というのが

学科試験。製図試験の「計画の要点」では、文章を自分で書けるように

ならなきゃいけない。

今年は、「ドンピタくん」で小冊子化して、、学科時代を思い出して、聞き

ながら読むゾ、と。課題発表後に改良を加える必要ありとは思うけど、

「ネタ」の整理をしてます。N、S、ウラ、の解答例の中から抜粋したり。

「ウラの流儀」で、PC梁は使わない。なので、PC梁の記述は消したり。

俺の場合には、この手のプランはないな、という記述は消したりして

「建築計画」系は少しでもコンパクトに。

「設備」は、なんでもかんでも入れとけ、みたいな。大概、設備の設問で

「え!」「ヤバイ!」とか、精神状態を乱されるんで、心臓強化対策です。

「ネタ元」は、エクセルだったり、PDFだったり。まずはテキストデータ化。

「ドンピタくん」は、スタイルを「チェックリスト」形式にして、A4版4ツ折で

保存→印刷→製本。

2

音声化は毎度の「softalk」。あいかわらずの変な読み方になっちゃう

箇所を修整、聞き直してはまた修整。元のテキストデータそのものを

編集してたんだが、ソフトに読み方を記憶させるオプションがあること

に気づきました。

室内機→しつうちき

研修室→けんしゅうむろ

小梁→こりょう    とか、読んじゃうわけだが、元の文章自体を直さ

なくても、ソフトの設定でいけるらしい。今さらですが、大幅に時短です。

Softalk_2

2014年4月 2日 (水)

Ver1.0.0

またもまたもやひっそりと書き換わっていた。

「初受験生でもウカル簡単トレース・エスキス」のおしりに、「Ver1.0.0」がついた。

このカンマで区切られた数字から目が話せ離せない!

いや、今後のバージョンアップはTwitterで呟いてくれるらしい。

次のバージョンアップでは、あっと驚く進化がある!!

次の進化はこう来るゾっ!!

いや、全く予測不能。

【追記】

そろそろ受験票の写真準備の季節だ。

ヒゲもバッチリと剃って。

鼻毛も手入れして。

眉毛もきれいに。

写らないけど、襟足もキッチリ刈り上げて。

もちろん撮影時に酒なんか飲まない。

日曜に、マイバリカンで刈り上げ過ぎたので、申し込み直前に撮影予定。

(内緒で2年前の写真ではダメなのか。)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »