2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

博士を追え。(無許可です)

  • 最新情報

ツイート≒ボヤキ

  • いつ言ったかなぁ・・・。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

塾生の皆さんと模試を解きました。

なぜ笑われてしまうのか・・・。

「疑惑のバルコニー」。

「バルコニーの定義」をJAEICに問うた意欲作でした。【爆】

夕方は、あのペンギンさんがアドバイスのために訪れてくださる
という豪華な勉強会。次々と塾生さんの図面を見ながら、的確な
アドバイスがなされていきます。

問題の俺の図面には、・・・・・

P代表「オッサン!ナイスガッツです!!」

以上。

【追記】

思わず帰宅して金麦500をあけています。
だって、はじめて時間内に完成。
30分も余らせて。

欠落はあるけど、ランク3だとは思うけど、変なとこあるけど、汚いけど、
廊下がカクカクだけど、横断歩道に駐車場だけど、・・・ランク4かな。
・・・でもはじめて時間内に書き終わりました。
ホント、この土壇場で無茶苦茶にうれしい。
自己採点、チェック、解き直し、・・・。それは大切なはずだが、今日は
1本だけお祝い気分です。単純に嬉しいです。

2013年9月27日 (金)

東京理科大学セミナーハウスの特徴

伺った話、メモしたこと、パンフからの情報を列記します。
(間違い等を見つけたらコメントをお願いします。)

・宿泊棟、セミナーハウス棟は隣にあるが別棟。
・大学の校舎・様々な実験棟などと同一敷地内にある。
(かなり広大な敷地です)
・利用受付は、基本は「1団体ずつ」が基本。
・管理人さんは夫婦で常駐で外部委託。
・食堂+厨房は宿泊棟1階。
・別棟の食堂で調理したものを、必要なときだけ運んできて供する。
 厨房設備はあるが、味噌汁の温め程度だそうです。
・厨房は専用の出入口あり。
・厨房・風呂はガス湯沸器を共用。(昔はA重油)
 ※いっぺんに使うと、「お湯が出ない」とかになるらしい。
・リネン室の在庫は「2回転分」で、外部業者が週に2回交換。
 ※リネン室は約20㎡くらい。
 ※布団の交換作業を目撃しましたが、思い切り共用ゾーン。
 ※「主出入口」前にクルマを横付け。利用時間がかぶらなければ
  「何でもアリ」が、現実なんだなぁ、と。試験ではダメなんで
  しょうけども。
・セミナー棟は「外部利用者アリ」。
 受付カウンターのある受付室がありましたが、主出入口を入って
 すぐのところに「受付机」が鎮座。”外部利用者にとってわかり
 やすく配慮”されていました。
・2階「講堂」はまさしく去年の小ホールの解答例でした。段床式。
 「映像室」っぽい部屋あり。
・宿泊棟のゾーン分けで特徴的なのは、「男女のゾーン分け」
 ※「最近の女子学生の増加に伴い、過ちを恐れる親御さんが
  増えているんで気を使います。」
・男子ゾーンと女子ゾーンの間に館長室があって、睨みを利かす、
 みたいな配置です。安心です。
・代表的な学生用宿泊室は3人部屋(4m×5m=20㎡程度のはず)。
 ※「宿泊の荷物をひろげるからかなり狭い」そうです。
・宿泊室の空調は個別。ルームエアコン。屋上に室外機。
・食堂は天カセでした。昔は床置。そこここに名残がありました。
・個室と2人部屋は教職員用。
・宿泊室収容人数計:135名
・食堂席数計:204席
・ゼミ室・講堂収容人数計:566人
 ※収容人数は、立地条件・使用形態で変わるという典型です。
 バラバラ。
・浴室は、かなり小さい。
・ベッドサイズは「日本人サイズ」。外国人学生さんは2つ並べて
 寝たんだとか。
・受水槽は外部でした。

【追記】
見学会参加者の方で、誤記を発見した方がいらっしゃたら、ご一報、
コメントいただけるとありがたいです。部屋の面積は、実測せずに
Pタイルの枚数数えたり、天井のボード類を数えた、超テキトーな
数字です。

明日に備えて帰ろう。禁酒続行中。

【追記の追記】
一連のセミナーハウス見学で無意識に、気にして見てしまう所が
ありました。浴室の天井。たいていバスリブを貼ってあります。
新入社員時代に、軽天屋に「フラット」に下地を組ませて、所長に
激ギレされました。バラしてやり直しです。風呂場の天井は水平な
天井にすると水滴がポタポタ垂れる。必ず勾配を付ける、ってのを
叩きこまれました。ユニットバスはどうするのか?斜めに組み立て
します。(ウソだ。)

2013年9月26日 (木)

またセミナーハウスへ行ってまいりました。

東京理科大学。

エムキラさん、大変お世話になりました。

yoyoikeさん、お疲れ様でした。

◯木さん、お疲れ様でした。

◯木さん「誰?あの突然、前に出てしゃべりはじめた人。”俺が”的な感じの。」

あのお方こそが総帥のペンギンさんです!

知らねーのかー!!【爆・爆・爆!】・・・ホントに笑わせていただきました。

楽しく見学できました。

そのうち写真をアップしましょう。

さ、帰ろ。

2013年9月24日 (火)

「マイスタ」のエスキスを作った。

雨だ。

いや、晴れてきた。

「マイスタ」のエスキスを作りました。

博士さんにすすめられた課題文も作ってみました。

欲しい方には送ります。(JWW形式です)

ウラ課題をかなり参考にしてるので、受講生限定です。

メールで送ります。解いた感想が聞きたい。

そんなヒマあるわけないか。

01


オーソドックスなプランですが、過去問のイヤな言い回しを散り
ばめてあります。去年の図書館の課題のニオイも漂わせてあり
ます。とある後方施設も入れてみました。
パロディーな香り満載ですが、かなり真面目に作りました。

今晩、作図してみようと思ってます。
(あ、あの耐震の現場の夜間手直し工事があるんだ。)

2013年9月22日 (日)

元祖「虎の穴」。

ありがとうございました!

naraさんのお誘いで、ウラ指導塾生さんの勉強会に参加
させていただきました!

さすがな方々ばかりでした。

皆さん、虎でした。

俺は未完成+一発アウトクラスの読み落とし、欠落、・・・。

■参加させたいただいた感想です。
・さぞかしバリバリと勉強なさっておられる方ばかりと思っていましたが、
以外なことに、「通しで解くのはホントに久々」とかおっしゃる方が多い
のには驚きました。コマギレでしか解いてない、とか。皆さん、仕事や
諸々のことをこなしながら勉強をなさってるんだなぁ、と。
忙しいのは皆同じなんだ、と。
 
・これまた意外なことに、みんなガン見してるんだろうなと思っていた「satoメモ」
を知らないかたばかり。これは見なきゃいけません。みろくさんのタブレットに
映しだされた画面を皆さんガン見なさってました。
・会話のレベルがすごく高かったです。
 建ぺい率・・・ひとつ技を覚えました。
 機械室・・・標準解答例で、機械室なしだった例は無し、だそうです。
    屋上、外部、のみに計画で合格してる人はいるのかもしれません。
    ただし標準解答例では前例なし。だそうです。
 「後退」・・・書くのやめときましょう・・・。この瞬間、まさに俺は「公開処刑」
     状態でした。

★とある塾生さんからみろくさんへの質問。

塾生さん「試験直前はどんな勉強してましたか?」

みろくさん「過去の標準解答例を繰り返し見た。第5課題とウラ模試を何度も
何度も解き直した」・・・だそうです。マネするか・・・。

ほぼ全てに課題を残している状態ですが、「読み取り」「作図」「チェック」
は特に頑張らないとマズイです。結構右手が張ってますが、まだまだ
やらなきゃ合格は見えない。書きまくらなきゃいけません。虎になるんだ。

2013年9月21日 (土)

GL+5500。

「GL+5500」を読み飛ばした。

あまりにもイタイ読み取り忘れ。

出たら本番でもやりそう。

たかがの「ワンセンテンス」。

あまりにも重いトコ。ガックリ。

細かいのもいっぱいあるけどな。
先に自分で添削するとショックが少ないか・・・。

今晩は、何も考えずに、何番目かの課題のトレースしよう。

肉体系訓練は怠らず。

虎だ。

2013年9月18日 (水)

休止と言ったみたが。

仕事で思いっきりムシャクシャすることがあった。
そんなことで悶々としてても時間の無駄遣い。
でもなんだか思い出しては、ムシャクシャと・・・。

製図の勉強が手に付かないときに思わず訪れるページがあります。
守るべきこと
俺の製図の勉強のバイブルです。

これ以上でもこれ以下でもない、迷ったときの道標。
試験制度が変わる前に書かれたとは思えない、ズバっと本質の話。
去年製図の試験に不合格で過ごした年末年始休暇中に巡りあった
とびっきりの心の支え。

ウラ指導の講習会でも、ブレずに毎回のように言ってくださってること
ともビタっと一致する話。信じきってます。

今晩も書きやすかー。
(なにを?)
断面図ばっかりかも。梁伏ばっかりかも。エスキスの中の何かかも。
ちょっこっとずつでもいいから、苦手を減らす。
まだ3週間以上もあるんだ、って思うことにして地味に行きます。
地味ーーにコツコツ。

2013年9月14日 (土)

久々に講習会に行ってきました

課題文の読み取りを中心に、ということでしたが。

それよりも、他の受験生からの遅れを意識して、焦りを
感じて、気合を入れるために、と思って参加しました。

喫煙所が大盛況でした。
第3課題のボヤキ。
家族のこと。
課題を解く時間のこと。
なんか、「みんな同じように苦労してるんだよなぁ」という。
ホッとしててはまずいんだろうけど、悩みはみんな一緒なん
だなぁ・・・、みたいな。

肝心の講習の内容は、ペンギンさんがアップすると思うの
でそちらをどうぞ。
講習中にとったノートのPDFは虎の穴にPDFをアップしときます。
って知り合いの方々限定です。

最後のペンギンさんの言葉、グロさんの言葉を噛み締め
つつ、残りを頑張ります。

で、このブログは製図試験まで休止。
(気が向いたら、なんか書くかもですが。)

【追記】
昨日は現場から、会社へ移動の途中で、某ドトールできっちり
2時間確保してエスキスをやった。隣に別の二人組が座った。
どうやら、何かの面接をはじめたみたいだ。
(勉強に集中するんだ・・・)

「前の職業は?」

「あ、あの、あまり大きな声では言えないんですが、風俗関係です。」

「うんそれなら、たぶん、この仕事も大丈夫。」

(ど、どんな仕事なんだ?いや、エスキスに集中だ。)

「相手は、男性のときもあるし、女性のときも。で、相手に合わせて
異性の役で返信文章を臨機応変に。メールは得意ですか?」

(その手の迷惑メールはこういうヤツらが書いてんのか。)

「同じ職場にはいろんな人がいます。合わなかったり、悩みがあれば
言ってください」

(ネクタイしめた結構マトモな身なりの人種なんだな。でも男が「愛ちゃんでーす」
とかメールで書いてんだなぁ。おっと、エスキスだ。)

「前よりは稼げると思いますよ」

(もう、集中できない。アイスコーヒー250円もったいないが、場所変えた。)

2013年9月10日 (火)

92点/19%。

通過だった方、おめでとうございます!!

一緒に頑張りましょう!

気合!

2013年9月 8日 (日)

製図板で書く。

A5の方眼リングノートに、毎日毎日、スキあらば
パーツ、断面図をフリハンで書いていた。
そこそこの量を書いてきて、けっこう書けるように
なってきてるはずだと思い込んでいた。

製図板に向かっていざ書いてみると、ノートには書ける
ことが書けない。ショックでした。

エスキス、課題を解く、チェックをする。これをやめて
ひたすら製図板で書きまくってます。

柱を書くのが遅ければ早くなるまでイヤというほどに柱を書く。
梁伏図が遅ければ早くなるまで書く。
断面図が嫌いだったら好きになるまで書く。
書きまくってます。
エスキスと違って、すぐに効果が実感できる。
手がパンパンになっても書きまくる。

虎になるのだ。

できないことをひとつずつつぶすしかない。

今年ははしょらない。

「タァー!!!」

計画の要点とか、エスキスとか、やることテンコ盛だが。
虎だ。虎になるのだ。

0908

2013年9月 3日 (火)

今日から新しい現場。

都内某所。
昨日、急に言われて手伝いに。
高さ約50m。外壁改修です。
今日から足場の組立開始。
また頑張るでー。

0903

福島から連れてきた、新しい受験勉強の相棒。

製図番のヨコで俺を見守ってくれてます。

0903_2


さ!電源切って!やるで!!

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »