2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

博士を追え。(無許可です)

  • 最新情報

ツイート≒ボヤキ

  • いつ言ったかなぁ・・・。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

虎の穴。

「虎だ お前は虎になるのだ!!」

「タァーッ!!!」

最近、カエル師匠のブログや、某ドットcomのメルマガでも
言われてたり、紹介されている。

「設計製図試験を楽しみなさい」。

去年はホントに、全てを嫌々やってました。
今年はいい意味で楽しくやりたい。

虎の穴で虎になるんだ。
(いろいろ意味があるんだが、わかる人にはわかる。なんのこっちゃ。)

虎になって合格する。

合格して「大トラ」になる、と。

2013年8月27日 (火)

娘の電子辞書

俺は、ほんの少しの時間が惜しい受験生。

仕事から帰ると、「娘の電子辞書が壊れたから直せ」と
嫁さんに言われる。受験生扱いは皆無。

バラバラに分解して、元に戻せなくなる。

「もともと壊れてたんだ。買え。」

俺のカードで、amazonで買った。

分解してる時間がもったいなかった・・・。

あぁ、図面だ。図面書こう。時間がない。

--------------------------

可動間仕切り・・・二室一室。
「たたみしろ」のところに出入口をもってったらNGか・・・。

Photo_3


これも二室一室。
ふすまを外せば、一室。和室で可動間仕切、っていったら、
これなんだろうな。ふすまをしまっとく倉庫もちゃんとあった。

Photo_4


おぉ、こんなことしてる場合じゃなかった。
図面書こう。

2013年8月26日 (月)

解き直します。

残念無念。

書き終えて気づいた、面積アンダー。

どこでどう間違ってしまったのか・・・。

第2課題はまだはるか彼方か・・・。

気を取り直して書き直します。

【追記】

小出しにしてすみません。
なかなか整理しきれないので。
今日は浴場の写真です。

入口です。

00_2

脱衣室・・・約30㎡くらいのはず。

01_2


02_2


脱衣室にある洗面所入口(右側は機械室のSD)

02_4


洗面所・・・カウンター1コ
奥にトイレのドアが見えます。


03_4


トイレのドア

04_2


トアを開けるとトイレ

05_2


トイレ・・・この1室のみ

06_2


脱衣室から浴場へ
「撮影助手」の息子がドアを開ける。

07_2


浴場・・・約50㎡くらいのはず。

08_2


浴槽側から脱衣室側を撮ったところ

09_3


撮影の手元に飽きて、浴槽内をスイミング・・・。

10_2


奥のサッシの外側には露天風呂あり。・・・写真なし。
写真あるけど、探しきれず・・・。

2013年8月25日 (日)

「フォーラム」をのぞいてみた。

「ウラ指導後半戦受講生専用コミュニティー」
受講生しか見れないんでなんですけども・・・。

質問とか意見とかがアップされている。
受講生で知識のある方が答えたり、講師の方が答えてくれる。

思えば去年はほとんど読んでなかった。
ここで他の方の質問に目を通してるとなかなかにためになることが
多い。今年は資格学校も行かないので、ここをガン見です。

ちょっと「おおっ!」というところを発見。
以前にも書いたこともあるが、吹抜内に風除室を設けた場合の面積。

■吹抜に入れない。(1階床面積には当然入る。2階床面積にも入れる。
 吹抜の面積から風除室の面積は引く。
と、覚えていたが・・・。

平成19年の標準解答例(国交省の)では、2階床面積には入ってない
んだとか。この質問した人、よく過去問見て研究してるよなー。

しかし、「標準解答例」は100%正しいわけではなく、というのも気に
なる。何を信じればいいのか。やはりウラ指導のジャッジを信じよう。

結論としては、風除室を吹抜内には絶対に書かない。
これで安心だ・・・。危ない橋は渡らない。(セコイっ!)

今日は自宅で作図だ。(まだ第1課題)

2013年8月21日 (水)

くじらさん、「セミナーハウス」とは・・・。

くじらさん、お疲れ様です。

今年、製図受験の方でしょうか。

質問いただいたことに対する私の考えです。
(私も一受験生。去年はランク4。ですので、これが答えだ、では
ありませんので・・・。単なる一受験生の考え、ってことで。)

八王子セミナーハウスが、そもそもの、元祖だということは
ご存知でしょうか。先輩合格者の方が用意してくださった参考文献
で読んだんですけども、「八王子」が元祖らしいです。
ピラミッドを逆さまにして突き刺したヤツ。あれが日本の「大学の
セミナーハウス」の元祖だそうです。あれが言葉の定義そのもの
を創りだした先祖中の先祖らしいです。それまではなかった。

で、その本に書かれてたことによると、セミナーハウスの目的は、
「交流」である、と。メシをくうときはリラックスして、人間の本音が
出る、と。本音でぶつかりあう、と。中村雅俊の世界がそこにはある。
古くは村野武範であると。青春です。例えが変になってきましたが、
「セミナー室で勉強する」ってだけなら、大学でやればいいこと。
「宿泊する」だけならば、旅館にとまればいいこと。

naraさんがおっしゃってたのは、「大学の」がなくなった、単なる
「セミナーハウス」だとどうなんだ、ってとこです。宿泊機能が無し
だと「セミナー室」・・・貸会議室です。宿泊するとセミナーハウス。
泊まって、勉強したり、講演聞いたり、講習受けたり。集まって
食事したり、酒飲んだりはしない。企業の「セミナーハウス」は
これでいいのかも。「大学の」は、交流を深めるのが最も大きな
目的だと思える。(naraさんのパクリですから)
だから食堂、或いは、食事もできる大研修室とかが、建物のメイン
の機能になるはず。

■「続・泊まってみて思ったこと。」

食堂の「配膳」。館内放送で食事時間のアナウンスが鳴り、ぞろ
ぞろ食堂にゆくと、部屋番号の札とともに、配膳は既にされて
いました。宿泊者数分のテーブル・イスが揃ってるってことです。
(下げるのはセルフサービスです。)

P8160468


「制限時間」に食事をするので、一斉に全員が座って食べられる
ってことです。必要な面積は要求室の中でも最大になるとは
思いませんか??
食堂は、外の景色も良く、開放的で、なかなかいい感じでした。

02_6

「交流」のための飲み物。
大瓶1本320円でした。セルフサービス。
珍しく、嫁さんから「飲んでいい」と言われました。
ここでは財布すられたり、寝過ごしてタクシー、という心配がない
からだったんでしょう。

結論としては、大学のセミナーハウスの目的は、学生同志や、
学生と教員が交流を深めること、である、と。
そのための要求室は「食堂」。「食堂」こそが「交流」の為の部屋。
今年の「王様」は「食堂」。

【追記】
去年の製図講習会のしょっぱなに、P代表取締役は、「小ホール」
はサブです。今年の課題は図書館です。小ホールでひねったり、
メイン機能であるかのような課題は絶対にない、って言い切って
たのを思い出します。去年は資格学校併用でしたが、もう、小ホール
の大技・小技のオンパレードのようでした。梁をナナメにかけて、
ひな壇状に天端を増し打ちして納めろ、とか。ホント、今思えば
余計な知識をつめ込まれてた。詰め込みきれずにやる気も切れる。
今年は深く考えない。課題文にストレートに応える。行間を読まない。
たくさんの課題を見過ぎない。(過去問は見ます)
どんな課題の建物でも求められる共通のことをいつでもブレないよう
に勉強したいと思ってます。(まだ全然できてないけど)

八王子の見学会で、カエル師匠に添削を受けたところって、まさに
そういう「建物共通」のところでした。

せっかくなんで機械室の写真のせときます。

竜馬さん、見てますか?
機械室の写真のせときます。

■消火ポンプ室・・・ちっちゃいね。階段の横とか、屋上駐車場の
スロープ下とかが定位置でしょうか・・・。マンホールの中は見て
こなかったけど、ピットを水槽として使ってるはず。スラブに刺さってる
配管、、、、なんだっけ、毎回、電気屋か設備屋かどっちがやるんだ、
とか言ってるやつ。浮き輪?フロート?忘れた。出ないからいいか・・・。

01

02

■電気室
01_2


02_2

※高温になるとサーモでファンがまわる。
まわるとうるさいから吸音材がネット貼りしてある、と。ホントか。
03

■受水槽室・・・6面点検、ですな。

01_3


02_3


03_2


■発電機室・・・コンパクトでした。技術の進歩は素晴らしい。
(これは試験には関係ないかもだけど)
01_4


02_4
※マフラーに「ヨシムラハンドメイド」って書いてあった。(ウソです)

■風呂の循環濾過・ボイラー・他一連のかたまり・・・。
どれがなにやらよくわかりませんが、ガンガンいくぞー。


01_6
男湯・女湯が別系統のようです。そりゃそうか・・・。

02_5


03_3


04


05


06


08


09


10


12

■ボイラー室

01


02


03


04

05_2


13


14

■エレベーター機械室もあったけど、今どきはマシンルームレスだろ、
ってことで、あえて中も見せてもらいませんでした。

■あと、宿泊室に面した廊下にあった、「AHU」というトビラの中です。
「エアハンドリングユニット」

Photo

■これらの写真は、事務員さんにお付き合いいただいて、一部屋
ずつ鍵を開けていただきながら撮らせていただきました。
1時間くらい連れ回してしまいました・・・。
この場をお借りしてお礼とお詫びを申し上げます・・・。
(見てないって・・・。)

2013年8月19日 (月)

泊まってみて思ったこと。

「大学のセミナーハウス」は・・・

・団体行動
→決まった時間に○○してください。

・セルフサービス
→ここまで返却してください。(食事、リネン、・・・)

・事務・サービス部門は、キホンは委託で非常に少人数で運営
→だから低価格(補助金とか、他にも理由はあるかもですが)

・風呂があると機械室の面積がかなり大きい。
→「地下に機械室を設ける」は、もはや出題必須か。

・研修室(セミナー室とか呼び方はいろいろ)は王様じゃない。
→普通に大学の教室でやることとなんら変わりがないと思う。
→わざわざ、遠くまできてこの部屋でやらんでもいいんじゃない?

・エントランス・ロビーが広い
→団体で来館するパターンが多いと思われる。合宿とか。
 その人数をためとくスペースが必要。

設計図面の閲覧は、お願いしても無理でした。
(実は壁にパネルで展示されてましたけども・・・)
なので、図面(パネルの写真)のアップは控えます。

1階の案内です。

001

外観(風除室・エントランス付近)

01

風除室入って右手に受付

0200

受付です。後ろの事務室とつながってます。
左側に事務室の出入口も見えます。

0301

左側(受付の正面)にEV・階段

05ev

入った正面(受付の右手)はロビー。
「周辺環境に配慮した」感じです。後ろにかかってるパネルに
平面図が・・・。

06


受付を超えて、ロビー右手の奥に風呂場が見えます。

04_2


オマケで5階宿泊室(504・洋室4人部屋)
UBなし。洗面・便所あり。長男です。長男後ろの壁のうしろに
洗面・便所。

0500

※レーザーで実測したノートを、セミナーハウスへ忘れてきました。
着払いで送ってもらうようにお願いしました。不合格する典型のよう
な性格です。ここから直さないといけません。

おっとこんなことしてる時間はなかった。
勉強だ。ブログは控えめにします。
上階、地下1階の写真もたくさん撮りましたが、連載予定はなしです。
勉強しよう。

1枚だけ、2階の食堂
なかなか立派です。

0205

2013年8月16日 (金)

セミナーハウスに来ました。

とてもきれいな施設です。

宿泊室に机はありますが、インターネット環境は無し。写真とかは後日。
図面のコピーとかもらえるんだろうか。

写真は好きに撮っていい、ってことだったので、鍵のかかってないところはスパイのごとく撮りまくろうと思います。
写真もですが、何よりも重視したいのが、スケール感というか、なんというか、「実例」をからだに覚えさせると言いますか。本番で迷ったときに、「ここはこれで実用上問題ない」と判断したり、あわよくば、この実例を部分的にパクってエスキスに使うとか。

宿泊室の空調が個別じゃなくて、無茶苦茶アチいです。調整できるのは暖房の風量だけ。暑いときは窓あけて網戸にすれば涼しくなるよ、ってことなのか…。いやー、暑い。

【追記】
宿泊室はネット環境なしでしたが、研修室は無線LAN環境が。さすがに工業系単科大学でした。

母校のセミナーハウスに行ってきます。

家族サービス、リフレッシュも兼ねてます。

もう、製図試験まではこんな時間はとれないだろう。

俺も「遠足前の気持ち」に近い。

家族にブーブー言われてた壊れたままのカーコンポも、新品に
に換装。3時間、汗だくでした。kakaku.comで探した安物だけど、
前よりいい音だー。技術の進歩は素晴らしい。

■持ち物リスト

・製図勉強用の方眼ノート
・製図勉強用の資料(過去問のファイル、ウラ本、他)
・いつもの製図勉強用の筆記用具
・電卓
・デジカメ
・スケール
・レーザー測量器
・ネットブック
・携帯(個人用+会社貸与両方)+充電器(どっちもau)
・着替え
・洗面用具
・タオル
・気合

楽しみだ。ウキウキだ。

【追記】

おっと、第1課題を印刷して持って行こう。
エスキスまではやろう。
製図板のないところでも頭と手は動かす。気合。

2013年8月15日 (木)

八王子セミナーハウス

■八王子セミナーハウス

大物卒業生数名が準備をしてくださった見学会に
行ってきました。カエル師匠、padmateaさん、みろく
さん、大変お世話になりました。

管理なさってる方の話も聞かせていただけました。
(やはりドラマは喫煙所から始まるのか・・・)
「イヤー、ぶっちゃけ使い勝手がとことん悪い建物
です。壁沿いにまっすぐに物を置けば、壁側は三角
にデッドスペースになりますから。」
「この建物ひとつを見て考えても、あまり勉強には
ならないと思います。点在するその他の施設と合わ
せて機能がなりたっています。」
「設計者の強い意思を感じるところが、そこここに
あると思うので、何かを感じ取っていってください」
(製図試験の参考にはなりにくい建物が多かったが、
何よりも、他の受験生と話をしたりとかが刺激にな
って良かったです。)
※まさか今年のブロガーのキナコさんが、き○こさん
だとは驚きでした!かつて町田の現場で一緒に仕事を
していた方でした!5年ぶり!世間はあまりにも狭い!)

■「マイスタ」

「マイスタ」を持って受験すること。
今年のテーマです。勉強時間が極端に厳しくなりそう
なので、これぞ俺の生き残る道!と思っております。
・博士さんにアドバイスをいただきました。課題文も
作ります。ありがとうございました。
・カエル師匠にマイスタの添削をしていただきました。
修整します!今日中に!ありがとうございました。

■「王様」

今年はなにが王様なのか。
naraさん、大変参考になりました。
今年の王様は・・・俺とnaraさんの秘密です!(ウソ!)

「食堂」・・・なるほどなー、と思いました。

2013年8月11日 (日)

試験会場の話。

製図試験を福島で受験するかを思案中。

10月13日の現場はどうなっているのか・・・。

なんせ日曜も関係なしの無休状態で、昼・夜になる日も
ある。社員は増やしてもらえるのか・・・。
もう東京支店の監督さんは全員出払っている。関西支店
に応援を頼んでるんだとか。契約社員の人を頼むか。

悩ましいとこ。

福島に変更しちゃったほうが無難だよなぁ・・・。
前日に帰ろうとしたけど、新幹線止まっちゃいました、とか
になるとシャレにならない。

変更するにも期限があることを、ついさっき知った。
あんまりゆったりと考えてる時間はない。

盆休み挟んじゃってるし、行動を早くしないと間に合わなくなる。

------------------------

3.試験地変更願

(1)必要書類
1)申請書(任意の書式)【氏名、新旧住所、旧試験場(試験場が複数ある場合は
希望欄に明記した試験場)、変更事由を記載】
2)受験票の写し(受験票を持っている者)
3)変更事由を証する書類(移動先の住民票、異動の辞令の写し等)
4)所要の切手を貼った、あて先明記の「試験地変更通知書送付用封筒」(「イン
ターネットによる受験申込者」及び「受験票が郵送で到着後に試験地変更願を
提出する者」のみ「試験地変更通知書送付用封筒」が必要になります。)

(2)封書の表に、一級建築士試験「学科の試験」又は「設計製図の試験」試験
地変更願と明記して下さい。

(3)試験地変更にかかる注意事項
1)「学科の試験」の試験地変更が認められた場合の「設計製図の試験」の試験
地は、変更後の「学科の試験」の試験地となります。また、 同じ都道府県内に
おいての試験場の変更は、認められません。
2)試験地の変更が認められた場合、「インターネットによる受験申込者」には
上記4の封書により通知し、また「郵送及び受付場所における受験申込者」に
は、「学科の試験」申請時の変更は受験票に明記して通知し、「設計製図の試
験」申請時の変更は上記4の封書によりその旨通知します。

(4)申請期限
「設計製図の試験」
:平成25年9月 9日(月)必着

(5)通知発送日
「設計製図の試験」
:平成25年9月20日(金)頃

あと60日。

P代表取締役も、その他大勢のみなさん口をそろえて、

「普段の生活からして、忘れ物が多い、チェックをしない人は合格しにくい。」と。

反省だ。

請求書の間違いが多い。まさしくだ。チェックをしないヤツだ。

「終わったー!出しにいこ。」これはダメなヤツの典型らしい。

ミチヨに、請求書の束ごと現場へ送り返される。
最近は「会社に着てアタシの目の前で直せ」とキレられる。

60日間で変えなければいけない。

60日だ。そのあとには素晴らしい未来が待っている、はずなんだ。

今年は自滅しないように、明るい気持ちを保ちつつ頑張ろう。

【追記】

N建さん、「あと1課題郵送しますね」と言ってたがまだなのか・・・。
ただのリップサービスだったのか・・・。
S資格さん、「今年は独学です」って言ったけど、まるっきりの電話
なしもちょっと寂しい。
誰でもいい、なにか俺にくれ。

あ、padmateaさん、ラーメンいただいてすいませんでした。
福島のセミナーハウスで食べます。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »