2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

博士を追え。(無許可です)

  • 最新情報

ツイート≒ボヤキ

  • いつ言ったかなぁ・・・。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

どうもこの辺は治安がよろしくないらしい。

俺がこの現場に来てからだけで、すでに4回。

「電線泥棒」。ちょこちょこと盗んでは、スクラップ屋にでも
売りにいってるんだろう・・・。

昨日から電気屋が「武器」を持って夜間も泊まりこんで
見張っている。(「撃退!」ではなく「ふん捕まえる!」。
被害は保険がきくらしいが、工事に支障が出ると困る、と。
ケーブルラックの上に引いてあった電線まで切って持って
いかれると、「やり直す手間」が大変。)

明日が第3課題の締切か・・・。
エスキスを家に置いてきた・・・。今気づいた・・・。

レオパレス帰ってやるかー。
エスキス用紙も忘れてきた。
なんでもいいからやろう・・・。

今回の現場は、晩飯は毎晩ファミマ。
他には何も店がない。

Dscf9547_2


ガンガンやってます。
7月竣工なのに、建物は6月には終わる勢い。
ここのA工事の所長さんは超優秀な人です。
俺の立場はC工事の所長さん。
(A工事もB工事もC工事も、同じ会社でやってますけども・・・。)

2013年5月21日 (火)

「合格物語」メールマガジンにつられてここに来た受験生の皆さん。

「合格物語」メールマガジンにつられてここに来た受験生の皆さん。
大変、お疲れ様です。

今、カエル師匠のとこを見てきた。

つられたついでに見てこい!

以上です。

疲れた。俺はそろそろレオパレスにカエル。

【追記】2013/05/24

今、tatsumiさんのとこを見てきた。

こっちも必ず、必ずや行ってこい!!

以上です。

2013年5月19日 (日)

Tears In Heaven

クラプトン。

我が子の死を乗り越えるために、この歌を作って、薬物中毒や

アルコール中毒に戻ることなく、強く生きて、復活を遂げた。

こっちもTears In Heaven。んんん・・・、木村。

「天使のダミ声」か・・・。

飲みながら「いい仕事」できる人もいるもんなんだが・・・。

俺は禁酒続行中だ。

2013年5月13日 (月)

2013年5月12日 (日)

実家へ行ってきました。

連休中も顔を出さずだった実家へと行ってきました。

千葉県某所の土地。約200㎡。
親父が木造の大工をしてたときの倉庫と畑。

確か市街化調整区域。俺が脱サラして農家になれば、家を
建てられるってことか・・・?
一級建築士だ!エスキスだ!作図だ!一戸建てだ!!
いや、畑のままのほうがいい。

こじんまりといろんなものが植えてあります。
何かしら実がなると、「取りに来い」と電話が来る。
きょうはさくらんぼだった。

01


02

もいで、食べて、しょっぱいトコは残して。(カラスが食う・・・。)

03

いちごはもうひと息。

05

なすももう少し。

06

ジャスト1間の濡れ縁で昼寝・・・。
いいのか、受験生がこれで・・・。いいか、たまには。
もうすぐ、また過酷な現場が待ってる。

2013年5月 5日 (日)

製図の勉強会に行ってきました。

二日間の製図の勉強会に参加してきました。

エスキス一日、作図一日。受講してた人数は各10名前後。
手作り感いっぱいの、いい雰囲気の勉強会でした。
ためになる話もあり、有意義だったと思います。
どちらかというと、作図に重点を置いた指導をしていただ
きました。

興味深かった話がひとつ。
「コンクリートのそもそも」ではないんですが、「図面」って
そもそも何でできてますか。
「紙と鉛筆の粉」、ということじゃなくて。
「図面」の中身は何ですか?
「線」と「文字」。
このあたりを掘り下げて、雑談っぽく、楽しげに話があった。

「線」って、何ですか。
シャープペンの芯を、製図用紙に当てる、移動する、止めて
持ち上げる。当てるスピードはあまり差がない。移動もそれ
ほどビックリってほどは差が出ない。ピタっと早く止めるのは
個人差が出る。そこから次に芯を当てるまでの時間で、かな
り差が出る。「手が止まらない」っていうのは、ここの時間が
短いってことです、って話でした。この間隔が、1秒だと、
1000本書く間に1000秒余計にかかっていく。3秒の人は
3000秒かかっていく。シャープペンを持ち上げる前に、次に
芯を当てるところを考える。これを延々と続けなさい。それで
しか縮まない。線を引くスピードそのものでは決定的に時短
をはかるのは難しいです。なるほど、って話でした。
これは、定規でも、フリハンでも言える話なので参考になり
ました。(そんなの常識。俺が知らなさすぎ、かもですけども)

文字は何文字書くのか。数えたことないけど。
「作図時間の中にしめる「文字入れ」の時間は、そこそこに
長いので、「線引き」で時間がなかなか縮まない人は、文字を
早く書く練習をするのも作戦です。」
なるどなぁ。分解して考えたことなんぞなっかた。

座学が終わると実際の作図をしました。
10分間隔くらいで、「ハイ、手を止めてください」
で、ぞろぞろと、他の人の図面をながめる時間がとられる。
10数名はみなさん「独学派」のニオイがプンプンな人ばかり
だったので、「高速作図法」な人が結構いそうだなー、って思っ
たんですが、俺一人。「はじめの10分め」以降、何かと俺の
図面だけが物議を醸し出す。そこで講師以下全員が止まる。

「捨て線を全く引かないのか」
「この欄外の”しるし”は、消すつもりあるのか」
「なんでいきなりコアなのか」

どうも講師の方々は、いわゆる「アトリエ系」な方々。
試験対策ではあるけれど、「試験用の図面」じゃなくて、「きちん
とした『建築図』を教えます。」という空気がプンプンでした。
線の太さ、濃さ、シャープさ。そこまで気にしてると絶対に完成
できないもんな・・・。

イイトコ取りだけさせていただきます。
「採点基準」を聞いたことある、って人は、いないはずだし。
結局は自己責任なんだし。自分で判断するしかない。
基本はウラ指導本+添削+他の人の図面。
したたかに、いいとこをいただいて合格をもぎ取ります。
気合!

Photo

法令集の線引きしてた頃にシートパイルがあった道路。
きれいな歩道になってきました。部分的に開放。
歩きやすくなったなー。

2013年5月 2日 (木)

博士のインタビュー

博士のインタビュー

ダウンロードしましたか。
聞きましたか。
freemanさん。外国の方ですね。(違うわ)

学科も製図も「自分流」を確立なさって、貫いてる、って
感じの方でした。学科は合物10回まわし!?半年で?
今から始めても3巡は楽勝??

境遇を言い訳にしてないもんなぁ。
資格学校行かず。製図の前半戦も受講せず過去問解いてた。
実例見学も1ヶ所で5分間だけ。
解いた課題数も多くない。ただし4パターンずつはやった。

柱以外は全部フリハン作図。作図時間1時間50分。
「図面密度やきれいさは関係ない試験と確信した。」
「計画が重要。」
「読書室が点線表記で”コーナー”になってた。」
これらの情報から、ユープラの合格図面からfreemanさん探しをしました。
ズバリ124番さんだと思うのですが。(当たり?)
非常に刺激を受けました。
図面もやり方も、盗めるトコは大いに参考にしようと思いました。

【追記】
「メルマガ読者1名の方の質問」って、なんと俺のでした。
聞きたいことを全部聞いていただきました。
博士さん、大変ありがとうございました。感激です。

【追記の追記】
「アスリートの魂・田中史朗」の録画を見た。
「もし無理だと思ってやってるなら、やる意味がないし、
できると思ってやってます。」身長たったの166cmで、
ラグビー世界最高峰のリーグに出場。凄すぎるよなー。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »