2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

博士を追え。(無許可です)

  • 最新情報

ツイート≒ボヤキ

  • いつ言ったかなぁ・・・。

« こんなこと書いてる場合じゃないが。 | トップページ | また単身赴任だ »

2013年4月22日 (月)

腰が痛くて動けない・・・。

あー、いてー。

あまりにも腰が痛くて会社を休んだ。
気持ちがたるんでるのかもしれないなぁ。

またしても「こんなこと書いてる場合じゃないが」シリーズ。
(製図の勉強しとけ、って自分に説教したい。)

カエル師匠のブログが久々にアップされてます。
「分析」のことが詳しく書かれてます。みんな見てこい!!

喫煙所で、この話を熱っぽく語ってくれてたよなー。懐かしい。

-------------------------
オッサン「あの問題は難しい。全くわからん。」

師匠「あ、アタシは捨て問にしてる。勉強する範囲から外してる。」
-------------------------

目からウロコな瞬間でした・・・。
こういう勉強方法もありなのねー、とショックを受けました。
「どこで何点伸ばすのか」「どこは思い切って諦めるのか」。
それに影響されて、「ウラ模試1回め」の結果を元に作ったのが、
下の表。黄色が弱点のところ。で、いろいろ作戦を考えた。

_01

ここから、オッサンの快進撃は始まった。(爆)
※くれぐれも、模試は「受けっぱなし」だと意味がない。

【追記】
それにしても、「施工」の「コンクリート」は、学生時代の専門分野。
「耐震改修」は、当時やってた現場の内容そのもの。専門や実務
を全く役立ててないという典型。今見ても情けない・・・。

« こんなこと書いてる場合じゃないが。 | トップページ | また単身赴任だ »

コメント

「※高さはあきらめる」ってコラーッ!!!
カエル師匠の全くの受け売りじゃないか!

てか、ウチワ受けしてる。笑

今から、背筋&腰筋鍛えてください。
製図でぎっくり腰で立って受験した人を2人ほど知ってると、Ochaさんから伺いました。
お大事に・・・
by元ぎっくり腰&整形外科の女医友達に単なる運動不足!と言われたS嬢より

こんにちは。
禁酒で食べすぎとか。
目の使いすぎとか。
今現場が無いとか講習で馴れてない環境に変ったからですかねぇ。
2~3年前までよく腰痛になってました。整体のせんせいから同じく腹筋、背筋しなさいと言われましたが、面倒臭くて、治ると忘れてしまいまた腰痛。
この時、「腹筋、背筋やっときゃ良かったー。」とは思わず、やらずに腰痛にならない方法を模索したり、こき使う会社が悪いとか思ってました。
嗚呼図々しい・・・。
ってコメントしている場合ではないっスー。

padmateaさん、お疲れ様です。
おっしゃるとおりの受け売りです!
学科通過は、皆さんのおかげです。
ゴマさん、ありさん、同期ブロガー、師匠、現場の仲間。
どれかが欠ければ落ちてた。なんせギリギリの94点。
多くの方から助言をいただけてたのが、恵まれてました。
思い出しても奇跡としか思えません。
確かに運動不足は、思い当たります。

まっくすさん、お疲れ様です。
腹筋・背筋も「学習予定」に入れないといかん、って
ことですなぁー。頑張ります!
法規頑張ってるみたいですね!
前にnobutaさんも記事にしてたと思ったけど、「関係法令」から
攻める、ってのも作戦としてアリだと思います。
「うしろから」やる、ってことです。基準法・施行令以外の関係法令
からやる。複数の条文にまたがるような問題が少ない。1ヶ所引く
だけで正答枝がわかるのが多い。「引いて点をかせぐ」ところ。
暗記不要。線引きは必要。スピーディーにピンポイントで引くべし。

自分は法規科目は高さも面積もパスして最初からこの科目は28点満点だと思って受けるべし
と法規講習会で喋ってます。(受験テクニックと知識は別)
でも事前の思惑通りにいけばいいけど、敵も受験生の姑息な手の内などとっくに察してるのでそうはいかないことが多々あり
そこをどうするかが落としどころだと思います、 
手を抜くとそこから差し込まれるから 
基本は苦手は克服して得意はどこまでも伸ばすことが大事で、小さなゴミを拾い集める様に貧欲に点を取りにいく 、 
受かってるときはひたすら無我夢中で終わってみたら自分では落としたと思ってた科目がなぜか取れている・・・受かる時ってのはそんなもんです だから基本力を身につける事を二の次にして実力もない奴がなまじか最初から手を抜くなってしつこく言ってるんです
これって製図も同じだと思うのですが・・・

筋力が落ちてくると体重を支えるため関節に負担がかかって腰を痛めると聞いたことがあります。 ダイエットと筋トレ を同時に進めて座る姿勢と歩く姿勢を矯正するのが良いようです。 ギックリ腰で製図受験は製図板とお腹の間にクッションを挟んで這うように図面を描くことになるみたいでとても辛い様です 
お気をつけください

ochaさん、お疲れ様です。
いつもありがとうございます。

> だから基本力を身につける事を二の次にして実力もない奴がなまじか最初から
> 手を抜くなってしつこく言ってるんです これって製図も同じだと思うのですが・・・

前回の講習会で、ペンギンさんからも似た意味のことを言われました。

「エスキスのどこが一番苦手なのか。どこを直したいのか。」
「もっと短い時間で終わらせたい」
「今は”急がばまわれ”しかありません。時短を考えるのはもっと先です。」

でも「はしょりたい」というのが、どうしてもあるんですよね・・・。
みろくさん、カエルさんのエスキスを壁に貼ってます。
違いがある。どちらも本番エスキスは、はしょれるところをはしょってる。
ただ、そのはしょってる所は微妙に違う。何回も繰り返しやってるうちに、
「自分には”ココ”は省略してもイケる」という感じで、簡略化していかれ
たであろう、と想像します。自分はあまりにもかかり過ぎて、「できること
なら最初からはしょったやり方で覚えたい」というのが正直なところ。
最近励んでるのが、エスキスの手順を分解して、同じところをひたすら
くり返すことをやってます。「ウラ本」の設備の条件の表をひたすらに
何個かやる、みたいな感じです。こっちは博士のメルマガの受け売り
です。学科の頃と同様の「試行錯誤」をしてる感じです。最短距離の
やり方も人それぞれ違うから自分で頭を使わなきゃいかんでしょうね。

気持ちはわからないでもないけど
端折ること考えるのはまだまだ先だと思います
エスキスは1000本ノックと同じで
捕球(エスキス)の基本が目をつぶってもできるようになるまで同じ事を100回も200回も繰り返して
極端なはなし 端折ること考えるのは 目と頭は違う方を向いて全然別のことやってるのに手だけはサラサラとエスキスを描けている というくらいに  空気の様に意識しなくてもエスキスができるようになってからだと思います。

今の大事な時期に端折ることを考えることでもっと大事な優先順位の上にある何かを欠落してしまわないかなと危惧します、  本試験の後になってそのもっと大事な何かとはなんだったのかって事に気がつくことも少なくないのですが これは人夫々違うものですので基本が身についていない以上たぶん見えてこないと思います。
幸か不幸かそこに気がつかないまま受かってしまう方もいますのでこうしないと絶対受からないとは敢えて言わないですが、
せめて前半戦の間までは端折り禁止令を出してもいいかと思いますが如何でしょうか。  

こんにちは。
腰痛がでたのはもしかしてガス欠?(アルコール欠乏症)
大変だ〜happy02
ワタシも腰痛持ちですが、ストレッチとヨガもどき(時々、エロ三唱)で予防してます。

課題では難しい問題は出ないはず(7割の人がランク1か2になるレベルです)なので、
端折るというより、考える項目を整理する(重要な項目を見極める ≒減点項目を探る)ことを意識するといいのではないでしょうか?
"課題を解く≠設計する"は意識しておかないとはまります。

>どちらも本番エスキスは、はしょれるところをはしょってる。
>ただ、そのはしょってる所は微妙に違う。何回も繰り返しやってるうちに、
>「自分には”ココ”は省略してもイケる」という感じで、簡略化していかれ
>たであろう、と想像します。

う~ん、みろくさんにも聞いてみないとわかりませんが、本人、はしょってるつもりはないです。必要なことを必要なだけ書いてます。はしょってると思うとこはどこでしょう?
(宴に製図勉強資料もって来なさいよー)
ただ、本試バージョンは風邪によるヌケがあった気がします・・・。すんません。

エスキスはカエルもみろくさんも長時間かける(かかっちゃう)派。
2.5時間、下手すりゃ3時間近くかかってました。作図時短で6.5時間内に納めればOKです。

オッサンはエスキスに何時間かかるのですか?

Padmateaさんも模試で似たようなことやってましたが、カエルは去年のウラ指導第3課題で3日3晩エスキスしました。どーしても解けず、でも解答例見ちゃうとくやしいので延々悩んでおりました。結局条件違反でランク4でしたが、「そこまで悩ます問題は難しすぎで出ない、難しくしているのは自分」という発見がありました。

正面から、むきあってみましょう。前半戦はまだ時間がある。

ochaさん、satoさん、カエル師匠様、お疲れ様です。
ご指摘、ご指導、大変ありがとうございます。
読ませてもらってて、情けなくなってくる。
時短とか、もっともらしいこと書いてて、結局のところは
「楽して受かりたい」のが見え見えです。
改めて気付かされました。
地道にいかなきゃいけませんね。
まじめにやります、って、口だけじゃなくて、手を動かし
まくって頑張ります。
またもやの反省です!気合!Invictus!

上手く説明できないのですが思ってることをブログに書いてみました
もし宜しければ読んでみてください
http://ocha.beblog.jp/kenchiku/2013/04/post-451a.html
因みに平成20年本試験はその年のウラ指導後半戦の最高に難しい課題よりもさらに難しい試験でした
そう遠くない過去にこんなこともあったんだってことを覚えておいてほしいと思いました。

普段なら一発失格食らう様な図面でも合格した年でもありますが
それほど試験課題自体の難易度がとてもつもなく高くてまともに描きあげることなんて誰もできてなかったということだと思います。 
たぶん試験元もそんなことになるとはお見通しの上で試験を実行したのだろうと
後になってわかったことでした。
もちろん試験中は今受けてる試験の難易度なんてわからないし受けてる間はとにかく必死だったと思います 
そんな中で最後は諦めないで必死に且つ冷静に繋いで完成に持ち込もうという気迫で勝負が決まった感じがします。
採点結果で絶対NGだったのはEV数欠落だけだったと思いますが 
因みにこんなのでも合格という例ではエスカの指定長さ間違いや
上下各一つ指定のエスカが上りしかなかったり(これは横に鉄砲階段を描けた者だけが受かりました 勿論横の鉄砲階段は条件にはないです 普段の実例見学でしっかり見てた者だけが無我夢中で描いたのだと思います)
利用者ゾーンであるプールサイドから直接出入りできるでかい機械室ってのも合格図面にありました。(普段課題だとかなりやばい利用者ゾーンと管理ゾーンの交錯ですね)
いずれも普通のレベルの試験だったらランク3ですが
この年は最後まで諦めないで頑張った者にだけ与えられたご褒美だったんだね と 発表後に100%落ちたと思ってたけど結果的に(御本人曰く奇跡的に)受かった受験仲間と喜び合った記憶があります。

以上参考にして頂ければ幸いです

ochaさん、お疲れ様です。
ブログを拝見しました。
あまり一度にいろいろ考えると、何も手につかなくなるので、
頭の片隅には置いて、初歩の初歩のとこから進めていくこと
にします。連休前に、テーマをいただいた、という気もするの
ですが、地味に基礎的なトコからいきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんなこと書いてる場合じゃないが。 | トップページ | また単身赴任だ »