2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

博士を追え。(無許可です)

  • 最新情報

ツイート≒ボヤキ

  • いつ言ったかなぁ・・・。

« 通過だ! | トップページ | 「はい、よろしいですかー」 »

2012年9月 6日 (木)

俺も「結果報告」だ。

合格物語事務局・田中さんからメールがきた。
「迅速に合否の連絡をする約束を忘れたのか!もうすぐ2013年版になる。
ブログ大賞も世代交代時期がせまってる。なんか言いたいことがあったら
いまのうちに早めに書いとくように!」
・・・ウソです。そんな文面ではありません。
   では語ってみましょう。いつかの日のブログのように。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「合格物語」のそもそものところを語ってみる。

オッサンの学科受験用の教材は・・合格物語
しばし、合格物語を熱くわかりやすく語ってみたい。

ネットで見るだけで、合格物語のもろもろの「イメージがわかない」方々。
そして記憶が薄れかけてている自分自身の記憶を蘇らせるために。
体験版」で、おおっ!結構いいかも、でも迷うなぁ・・・、という方々に
購入の決意のトドメを刺すために。

ブログ大賞の閉鎖後はオッサンのブログは終了。その後は閲覧不可です。すまん。
(いや、アップ続けます。お約束します。配属現場の忙しさによって頻度は大きく
変わります・・・・・すまん。)

■合格物語は何でできてるのか。
・PC教材
・印刷物ファイル
・音声教材
・気合!
何を今さら。知ってるって・・・。

■どのようにして合格物語ですすめるのか。
→通勤時は音声を聞く。
→机に向かってるときは○×を解く。
→仕事中にこっそりと印刷物を読む・・・。
そんなの知ってるって・・・。

■学科合格を決めるそもそもの要因は・・・基本中の基本ですが。
※合格物語をまわす回数が多ければ総得点が高い。(tatsumiさん)
※合格物語をまわす回数が少なければ総得点が低い。(オッサン)
→回数が少ないと点数が低くなるのはなぜか
→記憶にしっかり定着しない→モチベーションが下がる
 また記憶することのやり直し→点数が下がる・・・

■「合格しやすさ」とは
→「合格物語3巡」と覚えてしまってOKだと思う。
→合格するためには回数を増やせばいい
  →でも一人だとモチベーションが下がってしまう。
    →ブログ大賞に参加するとモチベーションを下げずに続けられる。

■なんでブログ大賞に参加するとモチベーションが下がらないのか。
1)ブログ大賞とは、「WEB講義分室」と呼ばれることもある。
 代表的なブログ名は「つづけるにっき」。
 WEB講義をくだけた言い回しにしたような解説もあり、トップページからは
 キーワード検索も行えるので、より大きな理解が得られる。
 (金魚にはマウスでエサをあたえられる。毎日エサやると金魚が太る。ウソだ。)

2)ブログ参加者はさまざま。得意分野を教え合ったりして相乗効果がある。
 私は、俺は、こうやって理解した・・・。人のやり方見るのは参考になります。

3)ブログ大賞とは悩み相談所でもある。
 ブログで愚痴って、コメントで慰められて・・・。
 また明日からがんばろう、と思えるときもある。
 ときには立ち直れないときもある・・・。
 誰のブログとは言わないが、はじめて真剣に受験した人のブログにはダントツで
 ボヤキが目立った・・・。

■講習会参加が有利なのはなぜか
・アリさん→絶対に資格学校にはいないであろう柔らかな語り口。
      「これで法規は完璧だな」・・・・でも復習はしないとな・・・。
・ゴマさん→わかった気にさせてしまう魔法のようなトーク。
      「これで構造は文章も計算も完璧だ。」・・・でも復習しないとな。
ペンギンさん→気合注入系の熱血指導。目力がかなり強烈。(飲むと陽気でした)

※時間の都合がつく限り、講習会に参加することをおすすめします。
 どうしても「オフィシャルな」参考書とかでは固い言い回しのわかりにくい解説。
 講習会では「ぶっちゃけ的な」わかりやすい言い回しでの解説をしてもらえます。
※ゴマさんの講習のときは必ず喫煙所に集合です。貴重な話を聞けます。
 ためになりました。いやぁ、ここでは書けないな。あまりにも貴重すぎて。
 実はここ3年くらいの試験問題はゴマさんが作ってます。(ウソだからな。)

■脱線するが、合格物語の「WEB講義
・これはオッサンにとって基本だった。
・PCの○×する前に必ず読め!って感じです。おすすめです。
・あまり大きな声では言えないんだろうが、合格物語を購入しなくても、WEB講義
 は見られます(みんな知ってますけど)。タダです。タメになります。

■音声学習の速度をじんわりと早める。
■速度ってどこまで早められるのか
・毎日聞き続ける。
・ひたすらに聞き続ける。
・だんだんスピードを上げても聞けるようになる。
 1.3倍速→2倍速→2.8倍速(俺は2倍速までだった)
2013年版からは無段階で10倍速まで聞けるようになるらしい。(ウソだからな)
ホントよく聞きました。「人が感じる暑さ、寒さの・・・」耳にこびり付いてます。

語りつくしたな。これ以上知りたい人は合格物語を購入してください。

質問メールサービスについて・・・。
・24時間以内に必ず返信をいただいてました。
・モヤっとすることは質問メールで聞きましょう。
→事務局さんは数年間、何万人という受験生を見続けている。(そこまで多くない?)
→「わかりにくいところ」イコール「よく質問がくるところ」は結構、誰もが同じ
 ように質問してるんだと思う。だから「あ、そこね」という感じですぐさま返信
 してもらえる。合格物語事務局さんは「過去問」を知り尽くしてると思います。
※「受験勉強用の教材を売りました」だけでは終わらない、手厚いサポートを是非
 とも体験して欲しいです。

年が変わって1年分づつ問題数が増えるわけではない。毎年見直しされている。
毎年毎年、合格物語は進歩している。法令、基準等の改正にも対応している。
→「技術の進歩は素晴らしい」んですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

みんないろいろな悩みをかかえつつの受験勉強です。
悶々と孤独にやっててもシンドイだけ。ブログ大賞に参加して、「同志」と
とともに1年間戦いました。
非常に優れた教材ですが、「段ボールに入ってるモノ」だけが「合格物語」の全て
ではない。
合格物語の最前線Newsブログ大賞、ときおり寄せられる「合格物語」OBからの
コメントメッセージ、「同志」。それらも「合格物語」の一部でした。

「感謝」・・・。それしかない。「感謝」。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【追記】
自分の番号がなかったとき。
来年のブログのタイトルは何にしようか考えた。
もう「はじめて」ではない。「懲りずに真剣に受験するオッサンのブログ」。
一瞬、そこまで考えた。
(これはマジなんだ・・・。「マークミス」が頭をよぎった。)

【追記の追記】
2013版は先着10セット限り、パッケージに「気合だ!」という印刷が
入ります。(ウソだからな)
「オッサン割引」で購入する人には、オッサンと同じ船橋大神宮の「合格守」が
同梱されます。(ウソだからな)

最後に、、、【合格するのに一番大切だったと思うこと】

「諦めない」こと。

→正直言うと諦めかけたことはあった。
→でも「同志」のおかげで続けることができた。
→たとえ6月に法令集の線引きが終わってなくても諦めないこと。
→たとえ7月になって1巡もできてない学科があったとしても諦めないこと。
どんな状況に追い込まれても決して諦めないこと。
(注意:推奨の使用方法ではないです。コツコツ続けること。それに勝るものは
 ないはずです。しかし検索機能を駆使して効率をあげることはできる・・・。
 少ない勉強時間でも工夫ができる・・・。)

諦めなければなんとかなる。

« 通過だ! | トップページ | 「はい、よろしいですかー」 »

コメント

オッサンに盛大な拍手と敬意を込めた敬礼を (・・)ゞ

あ、でも、製図受かるまでおあずけかな・・・。

あきらめないこと!ですよね!!

さすが、オッサン的・・・でも、(うそだからな)多すぎ!!

でも、合格物語が網羅されていると思いました。

さあ、気合いだ!製図だ!  でも・・・・昨日の模試未完だった(涙)(涙)

wo-mawさん、お疲れ様です!
あきらめないこと!なんだけども・・・。
思い出しても、6月に線引きしてて合格してやろう、ってのも
虫のいい話だった・・・。運が良かった。
あきらめないのは大事だ。でもwo-mawさんは、他の「同志」と
同じようにブッチギリで合格してくださいね。オカーチャンなら
きっとできる!!気合だ!

「オッサン的」・・・「合格物語が網羅」・・・

そうです!
オッサンのブログの総集編でした!集大成です。
ここいらでお祝いムードに終止符を打って、気合!
ですね。頑張りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582777/55591950

この記事へのトラックバック一覧です: 俺も「結果報告」だ。:

« 通過だ! | トップページ | 「はい、よろしいですかー」 »