2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

博士を追え。(無許可です)

  • 最新情報

ツイート≒ボヤキ

  • いつ言ったかなぁ・・・。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

日本建築史の講習に行ってきました。

ペンギンさん、前回同様、熱血指導でした。お世話様でした。
声でかい。目力が強烈!熱い!講師の「キムキム」さん(で
いいんでしょうか?)の説明もわかりやすかったです。
日本史は結構出題されるところが限定されてるんだな、という
気がして、頑張ってみようかという気になりました。

最後のペンギンさんの言葉
「今日の講習を皆さんの武器にしてください!」

かなり前に同じ言葉を聞いたのを思い出しました。

構造計算問題の講習・・・ゴマさんの2日間の講習最後の言葉でした。

「2日でやったことの全ては理解できないでも今は全然構いません。
捨て問にする人が多い構造計算問題ですが、ほぼすべての問題を
たったの2日間で、駆け足ながらも俯瞰しました。これは紛れもない
事実です。この事実は、これから受験勉強してゆく皆さんにとって、
非常に強力な武器です!」

もう去年のことなんですねぇ。早い。

【追記】
「早い時期から勉強を始めて『息切れ』する受験生が毎年います。」
という言葉も去年いただいてました。息切れ気味だ。でも絶対に今年は
諦めない。

2012年4月22日 (日)

法規講習(合物のほう)に行ってきた。

アリさん、2日間ありがとうございました。

今日も
「今はまだ大丈夫ですからね!」
「条文の構成がわかる、そこを目指してください!」
というお馴染みの決めのセリフ

そして・・・
「今日はオッサンにベルリンの工事現場の写真を見せてあげたかったんですよ。」
うれしかったです。復習がんばります。
・今日のテキストの(定番)とか書いてあるとこ、わかりやすかったです。
・(問題文のイメージ)→(条文のイメージ)→(絞り込み)
っていう解き方を参考にしていきたいと思います。

「私が担当の講習は今日が最後なんですけど、また機会があったら。」
 →これは「また来年も頑張りなさい」ってことでしょうかね・・・。トホホ。

【追記】
今日一番の疑問は、あの弁当箱が誰のものだったのか・・・。
(講習会来てた人しかわからん話ですまん)

【追記の追記】
カエルさん久々でした。確かにあの休憩時間は愛煙家にはつらい・・・。
(愛煙家しかわからん話ですまん)

【19,20台めの写真(いつものブレスとちょっと違う)】

01

理由を語れば長くなる・・・ワケあってこの2台だけは「ロールH」ではなくて
「ビルドH」です。縮めるとBH(ビーエッチ)。
「ロールH」は「熱間でロール成形」して作る。
「BH」は「板を溶接してH型に作ってある」ってことです。
(杭工事にもBHってありますが、あれとは関係ないです。)
BHを見るのは20年くらい前にやったSRCのマンション以来です。

02h

03h

BHの溶接っていかにも「溶接してくっつけました」ってイメージだったんですが、
溶接の継ぎ目がなんとも美しい。溶接ロボットが溶接してるんでしょうね。
技術の進歩は素晴らしい。(「試験には出ない」シリーズですまん)

95-20=75・・・あと75台。

2012年4月18日 (水)

N建さん

N建さんの独学者支援の無料教材を申し込んでみた。
(昔から”無料”とか”懸賞”とかが大好きです)

今日、携帯に電話がきて、
「今月29日は無料模試もありますからね。案内も送っておきますね」

ペンギンさんの日本建築史講習会と同じ日だ。
S模試が「空振り」だったので受けたい気もするんだが・・・。

ペンギンさん、お世話になります。よろしくお願いいたします。
N建さん、大変申し訳ありません。また連絡下さい。

2012年4月17日 (火)

受験申込。

皆さん、済ませましたか?
オッサンは初日に受験申込を済ませました。
試験会場は”通い慣れた”会場にしました。

「受験回数」のところで、毎年、カクっとうなだれながら入力・・・。

いよいよスタートラインに立ちましたね。
正直なところ勉強は遅れまくってるわけですが、「あきらめない」っすからね!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日曜に娘から本を1冊もらいました。
「塾でもらった!その塾の先生が書いた本で”ただ”でもらってきた!」

amazonの「なか見!検索」でも少しだけ中身読めます。
なかなかいいことが書いてあります。うすい本です。一気に読めます。
息抜きのときに、あとがきだけでもさらっと読むといいかも。
まわりをみるな前を見よ!―なりたい自分」を目指せ!」(西口 正著)

とはいうもの、「合格物語の『進捗度全体比較』はたまには見よ!」ですかネ・・・。

【あとがき】より
私が言いたいことはただ一つ。
「最後の最後まで、絶対にあきらめるな!」 たったこれだけなのです。
西口 正著「まわりをみるな前を見よ!」あとがきより引用させていただきました。

結構な会社にお勤めだった方が脱サラして塾を開業。でも、山あり谷ありの”生き様”。
ためにもなり、モチベーションアップにもなり、面白い本でした。

※読書する時間があるくらいなら・・・・・
「法令集の線引きしろ!」
「構造計算問題解け!」
って声も聞こえるんだが・・・・・。

この「受験申込」って「節目」ですよね。ホントにスイッチを入れなくちゃ、って。

2012年4月15日 (日)

耐震補強・・・鋼板巻きたて

昔の現場の写真です。柱の耐震補強工事。

施工17251
角形鋼板を用いる柱の鋼板巻き立て補強において,コーナー部の曲げ内法半径については,鋼板の板厚の3倍以上とする・・・◯

施工18251
独立柱の鋼板巻き立て補強において,2分割した厚さ3.2mmの角形鋼板を柱の周囲に建込み,モルタル充填時のはらみ出し防止処置として,鋼板相互を溶接で一体とした後に,流動性の高いモルタルを下部から圧入した.・・・× 厚さ4.5mm~9mm

施工20225
独立柱の鋼板巻き立て補強において,既存コンクリート部材と補強鋼材との隙間に圧入するグラウト材については,プレミックスタイプの無収縮モルタルとした.・・・◯

000

001

鋼板が9ミリなので9×3=27ミリ以上の内法半径で曲げてます。

002

003_2

004

005

特記で指定があったので、溶接工さんは「AW検定」の有資格者。
「持ってない溶接工を使う場合は現場で技量付加試験を行いなさい」
面倒なので有資格者さんでやってもらった、と。

006

007

008

009

010

011

ロート試験。何種類か似たような試験があるはずですが、「Jロート」
が一般的によく見るやつでしょうか。流下する時間を測る試験。
時間が長ければ固い。早ければやわらかい。杭工事のセメントミルク
とか、ベントナイト溶液もこの試験だったと思った。

012

013

2012年4月14日 (土)

また4台ついた

また4台ついた。これで累計18台。

1518001_2


95-18=77。あと77台。

1518002_3


ここは元売場。すぐ裏に特高EPSがあるところ。
無事故で完了できそうです。

次はエスカレーターのすぐ横です。
またもや危険度高い部分です。
無災害を祈りつつ粛々と作業続行中です。

2012年4月13日 (金)

写真アップなしだが・・・

今日は受験申込に備えて写真を撮った。

例年、現場の若い子に頼んでデジカメで撮ってもらったり。
一人現場のときは自宅で娘に撮ってもらったり。

今年は意気込みが違うので、写真屋さんに行った。
受験申込に使った写真データが数年分残ってるんだが、毎年変わらない
のが、顔面が腫れていること。(二日酔いで撮ってるってことです)

毎年変化があること・・・前面中央部の毛髪量・・・・・

着実に減っている。

「一昨年と去年の差」よりも、「去年と今年の差」が激しい・・・。

ちょっとショックだ。毎日だと感じないんだが、1年という時間はあまりにも残酷だ。

今日は写真アップなしです。

2012年4月 8日 (日)

「普通のブレス」と「壁厚を増やす耐震壁」

かなり古くて恐縮ですが、以前にやった耐震工事の写真アップしときます。

■「普通のブレス」
外周にスタッドボルトがあって、躯体側は接着系アンカー。
スパイラルを入れてグラウトを注入するやつです。

00

このスタッドの間にアンカーが入るようにはめ込む。
入るのか・・・・・??

01

おおー、入った。ここの「重なり」が『ラップ長』。

02_2
スパイラル(割裂補強筋)も入りました。
あとはグラウトを注入して内装を復旧。
わかりにくい写真ですまん。

■つぎは耐震壁です。
RCの耐震壁で、「既存の壁に『足して』壁厚を厚くする」やつです。
今回の工事ではこのパターンはなし。『新しく』壁を作るのしかないです。


01_2

「目荒らし」と「シヤコネ」で、既存の壁にくっつくようにするわけです。
型枠が「片面だけ」ということです。セパレーターがつけられるように
セパ用のアンカーも打ちます。

02_2


この後は、壁の配筋、外周にはさっきのブレス同様にスパイラル、
型枠、コンクリート打設、上部にグラウト注入、・・・内装の復旧。

wo-mawさん、こんな感じです。壁配筋、スパイラルも写ってる写真
はなかった・・・。そのうち今の現場で撮れたらのせます。

「シヤコネクター」・・・名前がなんだそりゃ、ちょっとカッコイイもの
なのか?とかいうのに限って大したモノじゃなかったりしますナ・・・。

【要注意!】
18253
鉄筋コンクリート造の増打ち耐力壁において,既存の躯体に設けるシアコネクタ用のダボ筋として用いる「あと施工アンカー」には,本体打込み式の金属系アンカーを使用した。
→◯です。写真は「接着系アンカー」ですけど、試験は金属系アンカーでOKです。
これ、講習でゴマさんも言ってたハズです。

【追記】
今日は・・・
嫁さんの妹の長男が入園式で、次男を我が家にあずかっている・・・。
赤ちゃんは可愛いなぁ・・・。しかし・・・・・はじめだけ。長い時間は正直ツライ。
頼む。泣きやんでくれ・・・・・。
子育てしつつ、仕事もしつつ、受験勉強も・・・俺には絶対ムリだ・・・・。
カナダの旦那さんとの「ハーフ」・・・可愛い顔してるなぁ・・・。

ちなみにオッサンは、岩手県と石川県のハーフです。

2012年4月 3日 (火)

強風待機。13,14。

「風が落ち着くまで現場で待機し、点検を行うこと」

帰れない。いっか。宿舎も借りたんだし。
13,14台めがついた。

Dscf3499

Dscf3502

上の写真ではもうエポキシ注入が始まってますネ。

なんだか代わり映えのしない写真で申し訳ないです。
95-14=81   あと81台です。
次は来週、3階「特高EPS」付近の4台。
スプリンクラー配管の切り回しも着々と進み、準備万端。

はよ来い鉄骨くん。

【追記】
足場も組み始めた。
「30日前までに労基へ届出」したのでOKです。
(オッサンの申請書類に不備があり、若手社員が「工事計画変更届出書」なる
書類を追加で提出し、組立開始の運びになりました・・・すまん・・・・。)

Dscf3532

早いですなぁ。

ポアソン比
低降伏点鋼
履歴型制振ダンパー
ヤング係数比
キャビテーション
ブローアウト式
ゼット孔
エレベーターの定格速度
保守率
需要率
負荷率
速度圧
Ai分布
地震層せん断力
バキュームブレーカー
ダブルデッキエレベーター
TAC温度
SHF
降伏比
幅厚比
細長比
有効細長比

順番が滅茶苦茶ですが・・・
・意味がピンとこない
・説明してみろと言われても説明ができない
・しばらく読み返さないかも、忘れないうちにとりあえずメモっとくか、とか
そういう言葉が出てくると「付箋」ソフトでPCのデスクトップに貼りつけてました。そのたびに調べていると進まなかったりするのでとりあえずはその都度貼るだけ。
気が向いたときに調べたり。
他の方のブログでわかりやすいことが書いてあると失敬して「コピペ」したり。
講習で聞いたよな、とか思い出すと、講習の資料引っ張り出したり。
言葉の意味や解説を「付箋」に書き足してやけにでかい「付箋」でPCの画面が埋め尽くされてきた。

あまりにも画面が見づらくなったので、娘から頂戴した単語カードに書き写しては画面から消す。単語の意味だけわかってても『この数字が大きいとこうなる』とかまでわかってないと回答できない。役に立たない知識でしかない・・・。
で、「ヤング係数は材料の変形しにくさ」の下に「数値が大きいほど変形しくい」と書き足す。とかやってると・・・、時間がかかって進まない・・・。で今日はこの辺でやめる・・・。
結構画面はスッキリしたがまだ「付箋」が残ってる。眠い。今日は◯×解くのはなし。(「今日も」か?)

P4030039

Ws000006

【追記】
合格者の方のブログかなにかで「写真」や「イラスト」や「現物」を見たりするとイメージしやすかったり、記憶に残ったりする、と読んだのを思い出す。

今日(昨日)は会議で会社に行った。
会社のトイレはフラッシュバルブ。
「大きいほう」の用を足し終わって、・・「ん?お前が『バキュームブレーカー』か・・・」
1個覚えた。

もうすぐ受験申込か・・・。早いなぁ。

2012年4月 1日 (日)

忘れていた

昨日、今日と家族で那須へ旅行です。
当然のようにオッサン以外の家族です・・・。
すっかり忘れていました。
娘が高校生になり家族で旅行に行く機会も減るだろうから、
予約をしよう、とか言ってた”気がする”・・・。

一人でストイックに法令集の線引きしよう。

(昼間から飲みながらですけども)

ほんとに「ただのオッサン」です。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »