2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

博士を追え。(無許可です)

  • 最新情報

ツイート≒ボヤキ

  • いつ言ったかなぁ・・・。

« 本日3回目のアップ(しつこくてすいません) | トップページ | あと施工アンカー »

2012年2月13日 (月)

鉄骨製品検査

鉄骨製品検査に行ってきました。
行き・帰りの新幹線(片道約3時間半)では、みっちりと構造文章の音声を聞きました。

※今日は印刷した音声データを読みながら、新幹線のスピードに合わせて”2倍速”で聞きました。正直まだちょっと早い・・・。疑問のあるところとかにアンダーライン引きつつ。途中居眠りは20分以内。ずっと勉強しました。

写真をアップしておきます。

1.検査用に仮組みした鉄骨ブレス
※接着工法なので、外周にはプレートがまわしてあり、スタッドボルトがありません
2.突合せ溶接部分(下側に見えるのが裏あて)
3.すみ肉溶接部分
4.パス間温度の管理に使う温度チョーク(これは255度用のもの)
5.温度チョークを試してみた。
※オッサンの個人的なリクエストに溶接工さんが応じてくれて、「他の物件の鉄骨」でデモンストレーションをして撮った写真。わざと高温にあげてもらってチョークをぴっ!溶けた!とやったところの写真です。
※鉄骨両脇にある白く見えるのがエンドタブ(これはフラックスタブ)。

※「フラックスタブ」、「セラミックタブ」、は厳密には違うものです。
最近は「セラミックタブ」らしい。出回り始めの頃に「フラックス」で覚えちゃったので
「フラックス」って書いちゃってますけども。実際の工場製作では、スチールの
エンドタブは、最近は非常に少ない。めんどくさいから。セラミックのタブの物件
のほうが圧倒的に多い。でも試験に出るのは「スチール」のばっかですよね、
いまだに・・・。


※試験に出るときは”スチール製”のエンドタブの話。「フランジではなくて裏あてに溶接した・・・◯」、とか、「そのまま切断しなかった・・・◯」とか出るやつ。フラックスタブは構造監理者さんの承認をもらって使う。監理さんによってはスチールのタブじゃなければ絶対ダメ!とかおっしゃる方もいます。裏あての写真も撮ったがピンボケでした・・・。

6.超音波探傷・・・UT(ユーティーってやつです)
なんだか測定器の画面がパソコンモニタのようにカラフルです。いかにも「オシロスコープ」っていうのは見たことあるんですけど。どこの業界も技術の進歩が素晴らしい。

04 05 06 07 08 09

« 本日3回目のアップ(しつこくてすいません) | トップページ | あと施工アンカー »

コメント

はじめまして、オッサンさん(・∀・)
ホッチーと申します。


オッサンさんのブログ、毎日楽しみに拝見しております。

私は、木造住宅なので、施工・構造がとても苦手です(T_T)。
なので、オッサンさんのブログは、とても為になります。

ありがとうございますm(__)m。

本日、めでたく「ブログ大賞」にエントリーしましたhappy02

オッサンさんに負けないように、私も頑張ります\(^o^)/

これからも、コメントさせて頂きますので
よろしくお願いいたします。

ホッチーさん、はじめまして。
「毎日拝見」していただくほどの内容はないよう。すんません。

また今晩も夜間工事頑張ります!
今日の昼間は「ケミカルアンカー工事」、「躯体面の目荒し工事」。
写真をアップしようかとも思ったが、どちらもただの「ホコリ」の写真になるのでやめときました・・・。

はじめまして。
合格物語のユーザーです。
やっぱり、現場をこなして、体で覚えている人とは、違いますね。
現場経験がないので、オッサンさんの写真を見ていると
施工の問題を、いかに私が文字だけで、詰め込もうとしていたか
ひしひしと感じます。
これからも、勉強にさしつかえない範囲で
(仕事にもさしつかえない範囲で)
ブログの更新を楽しみにしております。
お互い頑張りましょう♪

smileさん、はじめまして。

「合格最前線News」でリンクされてからのアクセスの多さに正直驚いてます。
3/3の講習会でこの写真使って解説する、とか、オッタマゲー!です。
画像に文字を書き込む「ワザ」がわからないんで、「太線」をマウスで動かして「ココこすった」とか書いたんだが、これが”あの”講習会のプロジェクターから映し出されるところを想像すると何とも情けない気持ちになります。書かなきゃよかった。おとなしく写真だけアップしとけば良かった。写真は毎日自分のためでもあるし撮ってます。あまり試験に関係ないのをのせても皆さんの勉強の足を引張りそうなので選んでアップしていきます。現場をみたことがない人になかなか想像がつきにくいようなやつとかも選んでアップしてくようにしますね。
圧接とか見たことないですよね。普通はD19以上の太さは圧接するような特記仕様が多いですが、D25の太さでも重ね継手でOKだったりします。この現場は営業中の店舗なのでできれば「火気の使用」は避けたい。監理さんに頼んで重ね継手にさせてもらってます。(ということで圧接の写真はお見せできない・・・)
もうすぐの土曜日の夜間にいよいよ「写真」の鉄骨が現場に運び込まれて組立をします。そして月曜日の夜間にはこの現場で初めてのコンクリート打設があります。
スランプってどこの寸法なのか。フローはどこの寸法なのか。空気量はどうやって測定するのか。塩分はどうやって測定するのか。写真のアップを期待しててください。

とか言って、くたびれて事務所の机でよだれたらして寝てたりして。
白状しますが、ブログの左上の写真(熊が横向いて寝てる写真)は、たまたま無料の写真倉庫みたいなところで見付けたやつなんですが、オッサンが事務所で仮眠とるときの体制そのままなので、この写真にしたんです。顔面左側を机にあてて両腕をたらして寝るんです。熊は口閉じてるんですが、オッサンは半開きでよだれたらしてるらしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582777/53978197

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄骨製品検査:

« 本日3回目のアップ(しつこくてすいません) | トップページ | あと施工アンカー »