2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

博士を追え。(無許可です)

  • 最新情報

ツイート≒ボヤキ

  • いつ言ったかなぁ・・・。

2017年7月24日 (月)

学科試験解答速報

TAC:15/14/22/22/18/91
日建:15/14/22/22/18/91
総合:15/14/22/22/18/91
ウラ:11/15/21/21/20/88
微妙ですが製図の準備をします。
お世話になった大勢のかたへの感謝の気持ちを忘れずに、
合格発表まではひとまずやったるで、と。
気合だ。

2017年6月 6日 (火)

「心の声に従え」

受験勉強する気持ちが上がったり下がったりの時期だよなぁ。

ぷっつりと1週間やらなくなったりとかなぁ・・・。

理由や言い訳はいくらでも、山ほどに湧いてくるわ、見つかるわ。

それも理不尽な理由で。

仕事やらなにやらで、毎日、誰でも相当に理不尽な思いはする。

程度の差こそあれ、被害者意識ありありだ。

それで良いわけではないし、結果も出せるわけがない。

自分の行動をどうしたらいいのか。

ってときに、とっても深く、かつ、シンプルな動画。

まわりは関係ないよ、と。

自分の心の声に、ただただピュアに従って進めていくゾ、と。

平尾誠二が進めた「改革」。

いまのJAPANの種まきしてたんだなぁ、みたいな。

(選手時代のジョセフの抜擢も平尾だったんだな。)

気合だ。

【追記】

心の声=金麦 だったりもするんだけどな。

2017年5月10日 (水)

高揚感

これ以上ないくらいの超ファインプレーでした。

あとはみんなで頑張るだけ、みたいな。

くじ運強いおっちゃんだったんだなー。

001

俺も頑張っちゃうぞー、気合だ!

ワールドカップの頃には受験勉強はすでに卒業して、どっぷりと

競技場で生でラグビーを見るゾ、と。

目標がより具体的によりクリアになったゾ、と。

気合だ!

2017年4月29日 (土)

その気にさえなれば

びっくりするほどには強くはない、母校ラグビー部。

そんな高校からニュージーランドの大学へ進学し、クラブチームで

ラグビーを続け、ニュージーランドのセブンズの大会で優勝したヤツ

がいる。とっても刺激をいただきました。

001

東京オリンピックで日本代表選出なるか。

-----------------------

もうひとり。

ニュージーランドの大学へ進学。

この春、釜石シーウェーブに加入した母校卒業生。

004

チームが昇格しレギュラーになれれば、母校初のトップリーガー誕生か。

-----------------------

刺激をいただきつつ、年齢や仕事を言い訳にせず、今年でケリをつけたるで、と。

気合だ。

おっと、仕事だ。

2017年3月12日 (日)

地産地消

南相馬の現場も終盤。

久々に「かしまの一本松」を見てきた。

01 

↓堤防の工事はほぼ終盤戦なのかな、と。

01_2

↓一本松の手前側の風景が一変していた。広大な太陽光パネル。

01_3

↓海に平行な道路の海側(電気はここで全部作ったるで!、みたいな勢い)

02

↓道路の内陸側(こっちにもまだまだ作るったるでー!、みたいな)

03

どこまで続いてんの?というほどの太陽光発電のパネル。

一本松の横の説明用のパネルには、電力は地産地消を目指す、と書かれていた。

時節柄、原発の廃炉に関する記事をネットでも目にする。

ネガティブな内容も、逆の内容も。

原発の実際のことはよくわからん。

実際に入らせてもらって見たわけではないし。

汚染土の仮置場、線量計、仮設住宅、・・・それらも確かに身近に目にする。

でも、俺が実際に目で見た南相馬は、着実に復興に向かって進んできてるなぁ、という印象です。

今回作っている店舗は地元に密着した地方スーパー。

全国展開のスーパーさんが、近くの人口とかを分析して出店を考えたら出店してたかなぁ、という気はする。被災した直後から、閉鎖に追い込まれた店のお客さんをシャトルバスで営業中の店舗へ運んだり、地元に対する思いが強いからこそ、採算ではなく、あえて踏み切ったのかな、と。

テナントとして出店予定の地元企業のクリーニング店の社長さんも、「地元に対しての思い・姿勢が他のスーパーさんとは全く違う。アタシんとこみたいな地元企業に対しての家賃は、言えないくらいに安いんだよなー!(笑)」って言ってた。

オープンしたら、いま舗装してる駐車場いっぱいにお客さんが来ることを願ってます。

オープンを待たずに、外構担当の俺は引き上げるのが、ちょっとばかり寂しいが。

もうすぐ家に帰れる、家族に会える、ってのはやっぱりうれしいわけだが。

そして、帰ったら生活・勉強のサイクルも再構築するゾ、と。

気合だな。

«The world is not enough